05-<< 2017-06- >>07-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06.23 (Sat)

大飯原発再稼動に賛成・容認するおおい町と福井県の皆さんへ (要約版)

       大飯原発再稼動に賛成・容認する
      おおい町と福井県の皆さんへ
 
 そして原発再開に賛成される、全国の原発地域の皆さんへ
      (要約版。よろしければフルバージョンもご覧下さい)


       I. 原発事故時、国と電力会社の基本方針について

・ 原発事故直後「パニックを起こして社会を混乱させないために」は、住民には安全だと嘘の説明をして、避難させない。汚染食品を食べさせ続けました。
・ 「避難や、汚染野菜を避けるのは、神経質で異常な人たちだから相手にするな。避難する人は、自分だけよければという裏切り者だ」と解説して、被曝を減らそうとする人を侮辱攻撃しました。
・ そのために沢山の人が避難せずに被曝し、放射能汚染食品を食べ続けました。
・ 「専門家でない素人が言う煽動に乗るな。それでも出る不安や批判は、裏切り者、精神異常者として黙らせる」ということが原発事故以来、政府や福島県、東京電力が行なってきたことです。

・ 一方で、東電関係者や家族は、爆発前から、福島県から、避難しました。保安院幹部は、福島市内に留まって、汚染の強い原発現場には行きませんでした。
・ 東電関係者が避難したことが悪いのではなく、嘘を言って住民を避難させないことが重大でした。批判のポイントを間違えてはいけない。

・ 住民は、「被曝し、捨てられて構わない人間。避難したり、汚染食品を避ける権利はない人間」として扱われて、今も続いています。
・ 事故処理を進めるために、東電社員を大量動員することはせず、被曝容認基準を著しく上げて、下請け労働者に大量の被曝をさせました。責任ある官僚や東電幹部は、被曝危険がある現場に行っていません。

・ 東電正規職員は、事故前から、被曝危険性がある現場には殆ど行かない。原発事故がおきても、いくらか行くようになったのはずっと後のことです。
 強く被曝を受ける作業は東電社員ではなく、下請けの人たちだけの仕事です。

・ 大飯原発でも、定期点検など、被曝する現場作業は、現地の下請けの人だけで、関電の正規職員や幹部は被曝危険が高い作業現場に日常的に行かない。現地の皆さんは知っているはずです。

・ 原発を推進し、安全管理を怠った、責任ある歴代の東電幹部や官僚は、現場作業に参加すべきです。彼らができる単純作業は沢山あります。しかし参加しない。現地の「被曝させても構わない、自分たちとは違う種類の人間」にやらせていいます。

・ 大企業の福島勤務者や外国人が、被曝回避の対策を取ることは非難されないが、住民が被曝回避すると非難される。これが今、福島でおきていることです。
・ 原発を受け容れた住民は、原発推進勢力から、まともな人として扱われない現実を認識すべきです。
・ 全国の原発付近の方や自治体は、「嘘を言い、放射線汚染食品を食べさせ、被災者に更に損害を与える政府・行政・電力会社」に、目下の協力者として協力するのでではなく、指弾・追求すべきです。
・ まともな日本人として扱われていないのは、原発を作るときから一貫している。大事故になって、はっきり見えるようになりました。

・ 大損害を生じる大惨事の可能性を考えたから、原発を過疎地に作り、損害は住民におしつける仕組みを作りました。
・ 「地震国日本で原発は危険すぎて、保険契約はできない」とロイド保険に断られた。
・ そこで電力業界は、「想定外の原因で原子炉事故が起きた場合は、電力会社の責任は問わず、被害者に賠償する義務もない」という法律を作らせた。東電が「想定外」という言葉を絶対に引っ込めないのはこのためです。

・ 「過疎地の人は金をやれば誇りも失い、懐柔できる。道義も安全も考えない原発推進に従う人間にすることができる。その程度の人間」として始めから扱われていました。

・ 、原発地元の人や自治体は、人を欺いて他人に損害を与える原発推進者の目下の協力者になって子供や他人の安全と発言を脅かすべきではありません。
・ 原発に屈辱的に同調することが、子供たちの誇りを壊して卑屈な人間に育てるという重大な意味を考えるべきです。

・ 「病気になったら、放射能が原因ではなくて、過剰に心配したストレスが原因だ」と解説・強要しています。
・ 放射線被曝に関する世界的な共通した理解や合意と、日本の全ての法律に反する。一部「専門家」の主張を、医学の常識であるかのように偽っています。
・ 健康被害が出たら、加害者が責任を被害者に押し付ける悪質なものです。

・ 恐怖を感じて自由に意見をいえない社会にしました。被曝とは別の意味で重大です。
・ 行政組織として法律違反をし、更に国民・住民に法律違反を強要する無法国家・無法行政・反民主社会になりました。

・ 「放射能は安全」と嘘の授業を強要し、学校を、「生徒や先生が、自分で考えたり自分の意見をいえない、抑圧と洗脳の場」に変えました。
・ 「学校は本当のことを教えない。自由に考えることも発言することも抑圧する。学校は子供の安全を損なうことをする」という事実と認識が広がりました。
・ 学校と先生が保護者や生徒から信頼されなくなったら、健全な教育は不可能です。打算の為に他人を偽り大損害を強要する事故対策は、学校教育も破壊しました。

・ これほど重大な反社会的、違法行為までして、原発を稼動させようとしています。

・ 「あれだけの大事故を起こしても、1人も死んでいないくらいに原発は安全だ」と電力会社の幹部は主張しています。死んだ人がいないと言うのも怪しいですが、死ななくて財産と人生が破壊された人の回復もさせずに、「平気で心に仮借なく」原発再開を主張しています。「原発事故で被災した住民は、自分たちとは違う、切り捨てても人生が破壊されても、被曝しても構わない、自分たちや都会の日本人とは別の、劣った人間」として扱っています。

・ 無条件同調を強要し、自由な発言を抑圧する社会を進めて、社会の健全性を崩壊させ、人々から誇りと明るさを奪い、今後の日本を崩壊させる重大な一歩になりました。

        II. 福島や宮城社会で起きていること

・ 子供に放射能被曝をさせたくない母親は、家族の中でも「県も専門家も安全だと言っているのにお前は神経質だ、変わっている」と非難されて、家族内で孤立し、放射能の話題はタブーとなり、家族内で自由に言葉が言えず、家族として機能しない半崩壊家族が増えています。
・ 避難した母親で、多くの人が離婚したり、実質離婚しています。
・ 安全神話の強要は、社会や、健全な家族内の会話を破壊して、人の精神と人格と、健全な人間関係に基づく幸せも破壊しています。

・ 校庭の放射線測定や給食の牛乳の放射能測定要望や、飲ませたくないという申し入れは長期間禁止されました。要望した母親はモンスターペアレンツ扱いされました。
・ 給食を、学校から持ち帰って測ろうとすると、窃盗扱いされ、給食放射能に批判的だった教師は、窃盗をそそのかしたと、処分前提の指導を受けました。
・ 教師は、自分の意見を言うことを禁じられています。
・  教師が正しいと考えることを発言できない、誤りだと指摘したり話愛ができない学校で教育が行なわれています。

・ 福島市内では、放射能の話を話題にすることも殆ど出来なくなっています。自分や子ども、家族の安全の為に放射能について知ったり話題にすることさえ実質禁止の状態が続き、人は安全に学習や会話ができません。

・ 福島医大では、放射線被曝を避けるために、多くの医師は家族を福島以外に住まわせ、医師の1割が退職しています。
・ 福島医大の医師がこのように、放射能汚染を深刻に考えていても、医大の中では放射能を話題にすることは禁句で、放射能汚染や被曝に関連にした調査・研究は実質的に禁止されている。
・ 大学の研究内容が禁止されるということは恐らく戦後なかったことです。これだけでも日本社会にとって歴史的重大事です。

・ 被曝について医学的な議論や、自由に話すことが出来ないず、被曝に関して自由な研究が実質禁止されている福島医大が、被曝医療の中心になっています。

        III. 大飯で事故が起きると福島の9倍以上汚染される

・ 日本の風は基本が偏西風なので、福島原発事故で放射能の90%は太平洋上に運ばれた。
・ 大飯原発で爆発すれば放射能の90%が陸に落ち、福島の9倍の汚染になる。

・ 大飯では安全な風上は海上になるのでの安全な避難場所は殆どない。

・ 原発稼動中や停止直後に爆発・放出があれば、短寿命放射性物質で人と陸地が激烈に汚染される可能性が高いです。

・ 大飯原発は、若狭湾内にあるので、放射能は若狭湾に長期に留まり、湾内が強くに汚染される。
・ 原発が湾内にあることと、対馬海流の流量は親潮・千島海流と黒潮の大海流と比べるとはるかに少ないために、湾内の放射能が拡散希釈されるのには、福島の何十倍、何百倍の時間がかかる。

・ 対馬海流で運び出される放射能は、京都から北海道までの日本海を海岸に沿って、海と海岸を汚染する。

・ そうなっても自分は我慢すればよく、家族や知人が被曝してもやむをえないですか?
・ 事故がおきた場合に十分な避難路がないことは問題だが、避難しても以上のことが起きる。
・ ひとまず避難できれば良いと考えますか?

       IV.原発事故があれば被害はおおい町と福井県だけですまない

・ 原発事故があれば被害はおおい町と福井県だけではすまない。
・ だから、おおい町民や、福井県民、関係漁協は、大飯原発の稼動を他の国民の分を代表してまで承認する権利・権限はありません。

・ 「地域自治体と関連漁協だけの承認で良い」という法律は、原発を推進する人たちが不当に作らせたものです。
・ 福井県の自治体は、日本中の人の安全や財産を提供する意味を持つ承認・容認をすべきではありません。本当は福井以外の人々の分まで変わりに代表して容認する権利はないbのです。

・ アメリカ先住民は内容を理解せず、親切心に付け込まれて騙されてサインをし、それを盾に全ての土地を白人が奪った。いアメリカ合衆国を作った。大飯原発を承認する人は、人が反対していることを承知で、利益と引き換えに承認するのだから、事故があれば、被害者ではすまず、有力な加害者です。
・ 加害者や悪人になってはいけないから、おおい町や福井県の人は、他の地域の人の権限や安全を侵す承認をすべきではありません。

       IV. 原発事故の原因は解決されていない

・ 国と東京電力は、津波によって緊急用電源が破壊されたことが大事故の原因だと言っている。嘘です。
・ 地震で送電鉄塔が倒れ、外部電源2系統が全て破壊されたことが第1の原因だ。
・ 非常用発電機が津波で破壊されたことと、移動式の電源車の送電ケーブルが短かすぎ、更にソケットの形が合わなかったために緊急用補助電源が使えなかったのが第2の原因。その結果、原子炉冷却ができず、爆発した。

・ 津波で非常用発電機が破壊されたことが福島原発事故の最大の原因というなら、電源車のコードが短すぎ、さらに、ソケットの形が合わなかったために電源車から送電できなかったことも、津波と同程度の最大の原因というべきです。
・ わずか震度6の地震で配管もかなり破損したので、仮に電源復旧に成功しても、原子炉を十分冷却できたかどうか疑問だ。これも言わずに「想定外の」津波が最大唯一の原因であると主張しています。
・ 爆発前から、原発内や周辺、100km離れた女川で、高い放射能が存在した。
・ 爆発したのは圧力容器や格納容器ではなく、それを被う原子炉建屋です。爆発する前、既に地震で圧力容器・格納容器に繋がる配管が破壊されて、圧力容器内の水素ガスが、建屋内に充満したから爆発したのです。

・ 原発に都合良い意見だけを集める組織を、中央や、地方行政、研究機関、マスコミに作り、自由に物を言えない環境を作って、まじめな議論や、異論や反対は抑圧排除しました。

・ このような抑圧的なあり方の為に、電力会社内でも、原子炉を改良すべきことや大小の事故から教訓を得て原子炉の安全を高めていくことは話題にさえしにくくなっていたはずです。JRや航空会社であれば、危険かもしれないことに社員が気づいて問題提起、報告すれば、評価が上がる。しかし電力会社内や電力の息がかかった研究機関や企業では、危険を指摘するだけで、抑圧されていやな目にあう。

・ 爆発を起こして、解決の方針も出せず、東電と官僚は打算で動いて事故と損害を繰り返し拡大させました。原発の危険性を指摘して事故対策を要求していた技術者や科学者を招いて、知恵を集めて方針を作り、事故対策を進めるべきでした。しかし、原発に批判的で事故対策を研究・提案してきた専門家を今でも、排除して、同調者だけで、原発を独占して仕切っています。

・ 原発に都合が良い考えや資料だけを集め、異論や反対意見を抑圧排除する。これが福島原発大事故の最大の原因です。
・ 無責任で利己的な、原発事故責任者が処分も受けずに今も居座って、批判者を排除して強引に原発を強行する姿勢と仕組みはかえって強化しています。

・ 原発の安全対策など、批判的意見を抑圧して、自由な議論を抑圧排除したことが、福島原発事故の最大の原因なので、それを考えれば、原発事故の安全性は全く改善されていなません。津波対策だけしても解決になりません。
・ 原発推進論者だけで、原発の基本方針を決めたり、原発運営を独占している現在のあり方を改めない限り、事故の最大の原因は存在し続けます。無責任に原発を推進・強行した幹部を全員処分し、公平な立場と、様々な立場の専門家による公開された議論に基づく事故処理と、原発運営の仕組みを作ることが全ての出発です。
・ これをしないで原発再開を主張するのは、原発の安全性と健全な運営に関心なく、打算と保身だけで判断する人たちだけができる主張です。
・ 協力すべきではありません。

           VI. 原発再稼動に合意されるおおい町と福井県のみなさんへ

・ 自由に安心して話せない抑圧社会、人間関係であっては、互いによく考え話合って共同してより良い方針を作ることはできません。
・ 都合や行きがかり、打算を入れず、まじめにまっすぐ・丁寧に考え、誠実に議論して判断、行動してください。
・ 子供に誇れる、まともな自分であろうと考えれば、どう発言・行動したらよいか分かります。子供たちは大人のあり方をまねて、成長します。

      (2912年7月28日修正)
関連記事
スポンサーサイト
20:11  |  放射線  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

★京氏と反阿修羅氏投稿についての私の考えRe: すみません....。

京様、コメントと発言ありがとうございます。
このブログを異なった意見による健全な議論の場にしていただくことは、以前から歓迎です。
もし良ければ、このブログで以前行なった、私と、東北電力マカブゥさんとの議論・やり取りもお読み下さい。

私は、健全で良い議論をするためには、まっすぐで、真剣、丁寧な考え方と、誠実が大切と考えています。
健全な議論を深めるためには、同意だけでなく、異論や批判的意見が提示されることが価値あると考えています。
 反阿修羅氏が提示された異論内容は、議論する価値があると私は以前から考えています。
 そのテーマに対して私は反阿修羅と異なる意見と根拠を持っています。
 そのテーマについて私はこれまで私の考えと根拠を述べてきました。
 氏のブログは、適切に問題を捕らえたり、紹介される記事があり、私は好意的に時々読んでいます。

 その人全体を全て良いとかその人は全て悪いという考え方は正しくないと考えるので、私は、発言や意見の一つ一つを吟味してその一つ一つを別々に正しいか誤りであるか、価値があるか、的外れでないかを考えるよう心がけています。

 健全な議論をするためには必要な心得・ルールがあります。
 その第一は相手に敬意を持った言葉で語り、誠実な言葉の往復をすることです。

 乱暴な態度で相手をののしって、ふっかける議論は正当ではなく、始めから誠実がありません。
 健全な議論と、相手の名誉を損ないます。

 誠実がなかったり、相手の名誉を損なわせる目的であれば、健全で良い議論は始めから存在しません。

 相手をののしり侮辱して、誠実な回答を要求するのは筋が通りません。

 自分の主張を敬意ある言葉で提示し、丁寧に相手の回答や意見反論を聞いて吟味して、核心を突く言葉・批判を往復させようというのではなく、敵意を持って、侮辱やののしって、恫喝するのでは、まっすぐで誠実な言葉のやり取り、健全で誠実な会話や議論は破壊されています。

 相手に敬意を持った言葉で論理的に議論をする場合は、異論や反論批判があるほど、内容も、議論に参加した人の間の信頼も、議論をした価値も大きくなります。

 対等に、互いに敬意を持った論理的丁寧な言葉を使い、批判、反論し、回答に対してまた同様に言葉を互いに往復させることが、健全な対話や議論のルールです。

 相手の意見を批判して相手の回答を求めるのではなく、侮辱恫喝して、相手が発言すると言う行為や、発言しうる「人がそこに存在することも気に入らない」から、「発言するな」、さらには「議論の場やこの世から消えてなくなれ」という内容さえ含む言動は、人の名誉や尊厳、自由な議論や、社会の健全性を脅かすものです。

 このような乱暴な言葉を言っても社会から強い批判を受けず、日常的になってしまったのは、この15年くらいです。
 石原都知事や、小林よしのり氏など、社会的に高い地位があり、言っても安全な人たちが使うようになって、それまでなら、社会の良識を破壊するものとして、個人的な関係でも、社会的なメディアや論説を通じて批判されたものです。

 強者が、他人を恫喝する言葉を使うようになり、メディアが反撃を恐れてそれを批判しなくなって、他人を侮辱、恫喝して、発言や存在を脅かすことが社会に蔓延したと私は考えています。

 直接顔を合わせて対話・議論するのではなく、顔をあわせず、議論をする周囲に参加者や観察者がいないで匿名で出来るネットでの発言のしやすさが、無礼で乱暴な発言をしやすくする環境のひとつになっています。

 私はネットで匿名発言できることは、今の、自由に物言えぬ日本社会では、大変価値があると考えています。
 それを健全に使えば大きな価値が作れます。
 しかし、他人の発言や人としての存在を脅かす言葉が批判されずに横行・氾濫することは危険です。

 このような他人を脅かす発言は、民主社会とは相容れないもので、コレを批判し続けることによってのみ、自由な発言や民主社会を存続させることができます。
 自由を維持するためには、自由を破壊・抑圧する自由だけは容認しない自覚・決意・行動が不可欠です。
 今の日本社会にはこれが欠けています。

 放射能問題に関していえば、「被曝を避けろ」という人の中にも、「この程度の放射線で騒ぐな」という人の中にも、健全な発言をする人もいますが、無礼で乱暴な、人の安全と自由な発言、社会の健全性を損なう言動をする人が少なくありません。

 非常に危険なことです。

 そのような意味で、今の日本は、発言の自由を脅かす言動が、批判されずに、裏社会ではなく、表の社会で横行している。
 
 放射能や原発とは異なるレベルの問題ですが、非常に重要で危機的です。
 ファシズムまで紙一重のところまできてしまったと考えています。

 少しまとまりにかける文章になりました。
 どうぞまたコメントください。
 
   岡山博
 

・・・以下は 京様 投稿 ・・・
すみません....。
このように、掲示板のように使ってしまうことをおゆるしください。

反阿修羅様

 私は、今住んでいる宮城では、給食を弁当にしようとは思っていないのですが
その理由を考えてみました。
 古い話になってしまいますが、牛肉騒ぎがあったとき、給食から58ベクレルが検出されました。これは、今でもホームページにちゃんと載っています。この場合、アタリくじの金額としてはいくらもらえるのかは判りませんが、これは去年の9月のことです。

 あれから随分と時間も経過しましたし、それ以上のアタリはそんなに頻繁には出ないと私も思っています。

 また、避難先でお弁当を持たせたいと考えるパパママさんがいたとするなら、(私は、現実では、そういうかたにはお会いしていませんが)給食のほうが優れている。弁当よりも良い。ということについては、どう考えたらいいのかという....長男はずっと弁当で育ってきましたので。今、次男は給食です。長男は、とくに不具合もないですので。

 コメント文面のみでの解釈になってしまっていますので、ズレた所があったらすみません。


岡山先生

再稼働反対デモの様子をテレビで見ました。いろいろと考えたいと思います。ありがとうございました。
2012/06/30(土) 01:14 | URL | 京 #-[ 編集]

・・・・・・・・以下 京様 投稿・・・・・・・・

あの、すみません....。
> 反阿修羅様

ごめんなさい。岡山先生のブログで、このような形でもって、(横レス?というのでしょうか?)

以前から、少しだけ、宮城って不思議だなぁ....と、思っていたことがあるのです。

放射脳とは、少し違う意味なのかも知れないのですけれども。

私は、こちらでは、給食をお弁当にしようとは思っていないです。

以前、子供たちが通っていた学校(宮城ではありません。他県です。)
は、給食が最初からなかったので、子供たちはお弁当でした。
それで、なぜ全員が同じ給食を食べなくてはいけないのか?そこがよく判らなくて。
長男は、他県では、ずっと弁当でしたので。(長男は、もう大きいのです。)
なので、弁当のことで悩まれているパパママさんが、不思議でした。
給食のほうが弁当よりも優れている、と、反阿修羅様は、お考えのようですので。
すみません。これでは議論とは言えないですね。
2012/06/29(金) 01:36 | URL | 京 #-[ 編集]

・・・・・以下 反阿修羅 氏 投稿・・・・・

何でもかんでも疑えばいいってもんじゃないでしょ?
 まったく無知蒙昧もいいところだ。
 私の試算に反論してみてください。
 中日新聞は、君達放射脳よりの危険情報も載せている新聞ですよ。そのデータまで捏造だというのですか?
脱脳のすすめ キノコなどを除いて、アトランダムに三つの食品を買った場合、すべて50bqを超える確率は60億円宝くじに当たるのと同じ
タイトルを読むと、さすがにそれはないだろうと思われるかもしれませんが、検査結果からはそう読み取れるので解説します。
 どうか、この安心情報を信じていただき、これ以上風評を拡散して、被災地の農家や漁師さんを苦しめないでください。
 2012年6月18日中日新聞 ニュースがわかるAtoZ 食の安全<放射性セシウムの新基準値>より
農林水産省調べ
 農産物の検査結果(2012年4月1日~5月31日)

> > > 表示例
> > > <品目    :検査点数:50bq以下点数:50~100bq以下点数:基準値越え100bq超過点数>
> > > <野菜    : 3061  : 3055     :     3        :     3  >
> > > <果実    :  174  :  172     :     2        :     0  >
> > > <キノコ山菜等:2451  : 1693     :   337        :    421  >
> > > <その他  :   13   :  12     :     1        :     0   >
> > > <  計   : 5699   : 4932     :   343        :    424  >
> > >
> > > <キノコ山菜抜き:3248 : 3239     :    6         :     3  >
> > >  セシウムを怖れている人は当然キノコなどを避けるでしょうから、キノコ山菜を避けたケースで試算します。        
> > > ア 無作為に食品を買って、それが50~100bq毎kgのセシウム濃度である確率は 0.18472% 541分の1
> > > イ 二つの食品を買って、どちらも同上である確率は 292681分の1
> > > ウ 三つの 同上を計算しようとして電卓では表示しきれなくなった。 15834040分の1
> > > エ 一年中 同上 あり得ない
> > >  ちなみに6億円宝くじの一等4億円が当たる確率は 一千万分の1なので、
> > > イよりも当たりにく く、ウよりは当たりやすい程度です。
> > > ウは4億円宝くじの15分の1の確率なので、賞金を15倍して60億円宝くじになります。
> > > これが、「放射脳」の怖れる食品中のセシウムの実態。
> > > このように、複数の食品を一緒に調理すれば、自然とセシウムの含まれる量は減るのです。
> > > 例えば、給食は栄養が偏るといけないので、なるべくたくさんの食材が使われています。その食材の全てでセシウム濃度が高いなどということは有り得ません。福島はチェルノブイリとは違うのです。
> > > そのため、給食を陰膳検査で調べても、NDが続くのは当然なのです。
> > >  「弁当を持たせろ運動」をやっている全国の放射脳パパママは、情報リテラシーのない非科学的な人々といわざるを得ません。そんな方々のために、福島の農家や漁師さんが、塗炭の苦しみを味わっているのは、あまりに理不尽なことです。
> > >  放射脳は、福島の農家を、毒の入った農作物を拡散するテロリストだと誹謗中傷の限りを尽くしました。
 私は、放射脳が大嫌いです。そこで、放射脳の砦・阿修羅原子スレで戦っています。  
 セシウムなんてK-40と同様に無害なのです。人工の核種と天然の核種では、影響が違うなどという放射脳のデマを聞きますが、全くのでたらめです。放射線量であるbqに換算すれば、影響は同じなのです。
 暮らしの放射線Q&A
   人工放射線と自然放射線の違い
 http://radi-info.com/wadai/w-5/
 百歩譲っても、現状の暫定基準を実施している限り、セシウムによる健康の害など、起こりえるはずはないのです。
 上記の試算が、全国の放射脳パパママの脱脳するきっかけになるとよいのですが・・・。
 福島と日本は救われたのです。決してチェルノブイリにはなりません。どうか、正しい安全情報も吸収して脱脳してください。
2012/06/28(木) 19:57 | URL | 反阿修羅の@iyao1 #-[ 編集]

・・・・以下 他の方からの投稿・・・・
> >
> > 信じられない
> > このブログ書いたのほんとにちゃんとした人?
> > 放射線知識なんか無いでしょう
> >
> > デマを拡散するな!!
> > こういうの目にして信じてしまう
> > 純粋な人が精神異常をきたしたり
> > 物凄い苦労してまで遠くに避難することになるんだぞ!
> > 恥を知れ
> > 2012/06/25(月) 17:44 | URL | #okOXMnPo[ 編集]
> >
> > ・・・・他の型からの投稿・・・
> > はじめまして
> > 恐ろしく嘘ばかりの記事に呆れました。
> > のっけから
> > >「・ 国と福島県・電力会社は、福島原発事故後、安全な水と食品を全力で供給することをせず、強く汚染された野菜も食べるように住民にすすめました。」
> >
> > 嘘ですね。早くに注意が促されて、その結果殆ど汚染度の高い食品を食べずに済んだわけですが。その証拠として、WBCの検査結果は内部被曝はうんと低く、心配しなくていいということがわかっています。無意味に危険を煽るのはやめるべきです。
> >
> > 医師という看板で嘘をつくのはほんとに害が多いのです。
> > 2012/06/25(月) 16:13 | URL | okuda #EBUSheBA[ 編集]
京氏と反阿修羅氏投稿について。岡山 博 |  2012-07-15(日) 21:32 | URL [コメント:編集]

★「生産者のかたは少し気になります」について岡山博Re: No title

京 様

コメントありがとうございます。

「生産者のかたは少し気になりますけれど」について

「生産者と福島に人たちをどう守るか」は非常に重要です。
私がずっと考えているいることを、簡単に書きます。

基本的視点
・東電と国が生産者の損害を補償し、今後の仕事と生活展望を保障すべきだ。
・しかししていない。逆をしている。
・善意ある人々や運動が、①生産者と福島の人たちを守ることと、②東電と国に義務として補償をさせよう。
・一番の当事者である福島県民が、東電や国の偽りと恫喝にのって放射能の話題をタブーにして避けるのを止めて、考え、議論し、自覚的に判断・発言することが大切だ。
・現状が続けば、福島差別社会になる (理由は省略)

福島の人達が正当に名誉と生活を保障され、福島差別社会にしないためには以下が必要と考えています
1.福島を経済的に貧困にさせない。
2.福島の人達が、経済的にも精神的にも安心して活発に生活できることを社会の義務として準備・保障する
3.福島で汚染食品を作らない・作らせない、福島さんの汚染食品を流通させない
4.汚染された農地では農作物を作らせず、その分の収入を補償する。作らせ販売努力をさせて、売れ残ったり、低価格になった分を保障するという、現在の「東電式補償」は、最悪だ。汚染食品を流通させ、福島農産物の信用を落とす。「暫定基準」より低いから安全」と言って、流通させる福島県と知事の姿勢と言動が福島食品の信用を落としている。
5. 福島の人に汚染食品を食べさせない。他県の人が受ける食品からの被曝より格段に低くする。
6. 福島の人が、人生と生活の展望を失って、人として気力活力を失うことがないようにする
7. 事故に責任ある人が社会運営の中枢の地位・役職を続けると、自分たちで負うべき責任と損害を、福島の人たちに転化し、自分たちを正当化する社会運営を行なう(行なっている)。原発事故に責任ある人を処分することが不可欠だ。
8. 最も被曝を受け、考えなければいけない福島県、特に福島市の人たちが、放射能を自由に話題に出来ず、殆どタブーになっているッことは重大だ。東電、行政によって仕組まれたことではあるが、福島県民や福島市民の多くが、自らタブーにして互いの発言を抑圧している現状は重大だ。自ら大損害を拡大・固定化することに協力している。
9. 原発大事故の可能性を指摘した人がいたのに、無視・排除した人が多かった。コレが原発大事故の根源にある。これを反省して、今後に教訓として生かすべきだ。気がつかない振りをし続けて、将来、福島差別社会になったとき「予想できなかった」ということがあってはいけない。考えれば予測できる。
10. 加害者に正当な補償・賠償・謝罪を要求すべき、福島の人たちが、福島差別を逆に強める加害者の一員になるべきではない。被害者が正当な被害者であるためには、ふさわしい判断・自覚・言動が必要だ。

個別的には発言してきましたが、時間がないため文章化できずにいます。
要旨だけ書きました。

お言葉に甘えて、他は省略。

岡山 博


・・・・以下、京さんからのコメント・・・・

とても丁寧な回答をいただきまして、ありがとうございました。
(おいそがしいと思いますので、このコメントへの返答は不要です。)
素人考えで、「セシウムを少し取りすぎたと思ったら、サプリで出そう....」というのは、止したほうが良いのですね。
だとすれば、食物から取り込む量を減らす方向性で、調理方法や飲み物、選別など(ストロンチウムのこと等も気になっていましたので)やっぱり続けてみることにしました。
生産者のかたは少し気になりますけれども。(私はTPPには反対という考えを持っていて、輸入食品も疑っています。なので、国産を買いたいという気持ちはあるのです。これは言い訳ではありません。)
けれど、積極的に応援、というのは、私はちょっと難しいです。罪悪感があるので黙って避ける、という行動パターンになってしまっています。水耕栽培などのさまざまな取り組みがあるのは知っています。が、スーパーでパックされた状態で並んでいると、どれがどういう過程で出来ているのかが判らないのです。
焼却灰のことも気になっていますので、なおさら....。
セシウムとカリウムの違いには、ここ数か月ほど、考えこんでいました。(まだ消化しきれていないところがあります、もうしばらく考えてみます)思い切って、うかがってみて良かったです。とりあえず、解脱しなくてすみそうでした(笑)
これから暑くなってきますので、ご自愛ください。ありがとうございました。
 
京さま 岡山 博 |  2012-07-15(日) 08:49 | URL [コメント:編集]

★意見を避けるブログ主 ご意見をくれる京さん

 ブログ主は、私の科学的な問いかけ自体には一切回答をせず、相手の言論を頭から否定するような態度を問題にしている。

 一方、京さんは、意見が違うであろう私の投稿についても、しっかり読んで自分なりの意見を表明されている。

 どちらが立派だろうか?明らかに京さんの方が立派である。それに対して、まったく相手の話に耳をかそうとしない岡山氏は、放射脳の病状そのものである。

 阿修羅掲示板で闘論しているので、この程度を毒舌とは思っていません。
 たとえば、早川由起夫がヘイトスピーチをくりかえしていますが、彼が丁寧な言葉で発すれば、何の問題もないのですか?
 いいえ、違います。デマを発信して大勢の人々を傷つけているのですから、罪は一緒です。
 岡村氏は、実は言葉のきれいな早川由起夫では?聞く人を信用させやすい点では、よけいにたちがわるいと私は思います。

 以前の説について、改めてこちらにも説明しました。

 「給食は安全である」と自信を持って主張できる資料です。

 これ以上、福島の農家を苦しめないでいただきたい。

「未だに福島の農家を誹謗中傷する青プリンとカルト信者を叩くまとめ」→山菜キノコ 以外の食品を3つ買って全て50bq以上=三連複48億馬券相当。ハルウララ三兄弟が有馬記念で1・ 2・3フィニッシュするようなもの http://togetter.com/li/335346
反阿修羅のiyao1 |  2012-07-10(火) 16:01 | URL [コメント:編集]

★No title

とても丁寧な回答をいただきまして、ありがとうございました。

(おいそがしいと思いますので、このコメントへの返答は不要です。)

 素人考えで、「セシウムを少し取りすぎたと思ったら、サプリで出そう....」というのは、止したほうが良いのですね。

だとすれば、食物から取り込む量を減らす方向性で、調理方法や飲み物、選別など(ストロンチウムのこと等も気になっていましたので)やっぱり続けてみることにしました。


 生産者のかたは少し気になりますけれども。(私はTPPには反対という考えを持っていて、輸入食品も疑っています。なので、国産を買いたいという気持ちはあるのです。これは言い訳ではありません。)
 けれど、積極的に応援、というのは、私はちょっと難しいです。罪悪感があるので黙って避ける、という行動パターンになってしまっています。水耕栽培などのさまざまな取り組みがあるのは知っています。が、スーパーでパックされた状態で並んでいると、どれがどういう過程で出来ているのかが判らないのです。

焼却灰のことも気になっていますので、なおさら....。

セシウムとカリウムの違いには、ここ数か月ほど、考えこんでいました。(まだ消化しきれていないところがあります、もうしばらく考えてみます)思い切って、うかがってみて良かったです。とりあえず、解脱しなくてすみそうでした(笑)

これから暑くなってきますので、ご自愛ください。ありがとうございました。
 
京 |  2012-07-09(月) 10:54 | URL [コメント:編集]

★穴原美智子様岡山 博Re: 転載させてください

>穴原美智子様   岡山 博

意見を強雨融資連帯できる方がいてうれしいです。またこのブログでご発言ください。
今後もどうぞ宜しく

岡山博

・・・・・・・以下穴原美智子さんコメント・・・・


事後報告で申し訳ないのですが、すばらしい内容ですので、当方のブログに転載させていただきました。
> 今後も拝見させていただきます。
> よろしくお願いいたします。
穴原美智子様岡山 博 |  2012-07-07(土) 22:24 | URL [コメント:編集]

★京さん岡山 博Re: こんばんは

京さま。岡山博

他人の意見や批判的発言に対して、論理的で敬意を持った言葉で回答したり批判する。
これが健全な批判、会話のルールです。

しかし、日本では、意見に対して論理的で健全な批判をするのではなく、同調しない人に対して、その人が存在していることや人格を認めなかったり
この世、社会から消えろ)、発言するという行為を非難侮辱攻撃する(だまれ、物を言うな)傾向が非常に強い。まずいことです。

人が共に存在することが、互いに相手の苦痛になる原因を意図して作りあい、不幸にし合っている。
貧しい精神です。

相手の顔色に合う言葉だけを要求され、人は相手の顔色を見て自分の発言内容を変えてしまう。
相手によって言うことを変えるのは、欧米であれば、最も卑屈で信用すべき人間でない=奴隷根性という評価で、私はかなり、同意するものがあります。

恐怖や圧迫を心配せず、自由に自分の考えを発言し、発言したら、的を外さない的確な返事が期待できる、そんな社会にしたいです。

社会全体の傾向としてならそれは文化で、個人について言えば人格です。
今の日本人と日本社会に欠けています。

(2)放射能の排泄促進について
放射能でなく普通の毒物を考えれば分かりますが、毒を摂り続けながら排泄の努力をするのはむだです。
排泄を30%促進するのは大変ですが、その気になれば30%摂取提言は多くの場合難しくありません。
だから、食物による内部被曝を考える際には、摂取を減らすことが基本で、決定的です。

プルシアンブルーなどの吸着剤は、緊急時には使用しうるものですが、あくまで緊急時です。
吸着剤は様々な物質を吸着するので、体内にある必要な微量元素を減少させるなど、不都合な作用があります。
大量にセシウム放射能を摂取してしまった場合など、その一部でも良いから、有害であっても使う、その程度です。
健常人が長期に使うべきものではありません。

詳しく書く余裕はないのですが、放射能関連に限らず殆どのサプリメントは、でまかせで、無効です。
詐欺と言っても良い。
10年前までは現在のようなサプリのコマーシャルは禁止されていました。

「個人が感想を言う分には、個人の発言の自由の範囲なので」発言しても構わない」として「規制緩和」として容認された。
個人が勝手に感想を言っているのではなく、観想をいわせ、大金を出して宣伝としてテレビ放映するのだから、「個人の感想」ではなく「宣伝」であるのは明らかなのに、社会をあざむくことが公認された。
公認されたことを良いことに、他人を欺いて、埠頭に利益を上げる人や企業が威張る世の中になった。
注意深く見ると、「有効」とはけして言わない。言ったら詐欺で犯罪にななります。

サプリに対する国民の支出は年間15兆円、人件費、検査、薬剤費、病院運営など全ての医療費の合計の50%にまで増大しています。
無駄なサプリに使わず、まともな医療費に使うべきです。
無駄遣いになると共に、嘘で利益を上げることが平然と通る社会になり、社会と人の健全さを阻害しています。
そして肝心の医療現場は、医療費報酬が低いために、健全な運営さえ困難になっている。

食物による内部被曝を避ける基本は放射能汚染食品を避けることです。
排泄促進を試みたければ一つだけ推薦する方法があります。
カリウムと水を余分に摂取すると尿中カリウム排泄がふえます。そのときにセシウム排泄も増えます。
カリウムはジュースに沢山含まれていますから、1日500mlくらい飲むむとセシウムの排泄を少し減らせるはずです。
腎臓や心臓が悪い人がやると危険です。普通の人でも飲みすぎると、水中毒などの危険があります。水中毒と言うのは、水の摂取が多すぎて腎臓からの排泄が間に合わなくなり体内の水が増え、その為に、体内で厳密に調節されているカリウムやナトリウムの濃度が下がったりして危険な状態になる)

ペクチンも可能性がありますが、サプリとして入手してしようするのは疑問です。使いたければ、サプリではなく、通販などでジャムの原料として安く売っています。安全性など私は使ったことがありませんから責任は持ちません。つかうこともお薦めしません。
これ以外のものは、詐欺師を助ける共犯者になる意味も含めて使うべきではないと考えています。

ついでに。セシウムを減らす調理法。
野菜や、麺類を3分間ゆでるときは、2つのなべでお湯を沸かす。
2分間ゆでたら、お湯を捨て、別のお湯に入れて1分ゆでる。
セシウムは細胞内にあって細胞が壊れると水に溶け出しやすいので200gの野菜や麺を800mlの湯でゆでると1/5 に、2回やると1/25 に減らせる計算です(完全に溶け出すには時間がかかるので実際はこれほどではない)。

御返事送れて住みませんでした。
また、丹後や丹波の話など出来たらうれしいです。

岡山博



・・・・以下「・・・おおい、福井県のみなさんへ」に対して京さんのコメント・・・
先生、お忙しいとこ・・ろ。
関西で、「大飯に何かあって、風下になったらここは危険だ。」と言ったところ、「えらいひとにまかせておけば、ぜんぶやってくれる。専門家が大丈夫だと言ってるのだから、よけいな事を言ってはいけない。」と、身内から言われました。
家からセシウムが出たのですが、(土を検査機関に出しました。)それを告げたところ、関西の親戚から、「何かの宗教?手かざしか、(最近、逮捕で話題になった)真理教の信者みたいだ。」と返事をもらったこともあります。強烈な体験でした。
富谷を擁護するわけではないのですが、牛乳停止は、スムーズに手続きをしてもらうことが出来ました。(他の自治体は、ちょっと判りません....)ただ、給食は、以前はたしか10ベクレル以下だったと記憶していますが、(外部で検査されていたとき)今は50ベクレル以下なのが、少し残念です。
 以前から、先生にうかがってみたいことがありました。
素人の質問なので、まったくの勘違いだったら、たいへん申し訳ないのですが
放射能の排出作用がある、といわれている、いろいろなもの(EMやペクチンなど)私は、子供には、とくに何も与えていないのですが、
プルシアンブルーについて、水田に撒く、牛のえさにまぜる、などの記事を見たことがあるのですが、
これは、人間が直接飲むとなると、どうなりますか?> やはり、副作用か何かあるでしょうか。
 私の父は日本海の漁村出身でした。伊根には伯父が住んでいました。
原発のことは、こどもの頃の、ぼんやりとした記憶の中にあります。
なので、お話をうかがうことが出来て、とてもうれしかったです。
> お忙しいと思いますので、おからだお気をつけてお過ごしください。
京さん岡山 博 |  2012-07-07(土) 22:21 | URL [コメント:編集]

★すみません....。

このように、掲示板のように使ってしまうことをおゆるしください。

反阿修羅様

 私は、今住んでいる宮城では、給食を弁当にしようとは思っていないのですが
その理由を考えてみました。

 古い話になってしまいますが、牛肉騒ぎがあったとき、給食から58ベクレルが検出されました。これは、今でもホームページにちゃんと載っています。この場合、アタリくじの金額としてはいくらもらえるのかは判りませんが、これは去年の9月のことです。

 あれから随分と時間も経過しましたし、それ以上のアタリはそんなに頻繁には出ないと私も思っています。

 また、避難先でお弁当を持たせたいと考えるパパママさんがいたとするなら、(私は、現実では、そういうかたにはお会いしていませんが)給食のほうが優れている。弁当よりも良い。ということについては、どう考えたらいいのかという....長男はずっと弁当で育ってきましたので。今、次男は給食です。長男は、とくに不具合もないですので。

 コメント文面のみでの解釈になってしまっていますので、ズレた所があったらすみません。


岡山先生

再稼働反対デモの様子をテレビで見ました。いろいろと考えたいと思います。ありがとうございました。
京 |  2012-06-30(土) 01:14 | URL [コメント:編集]

★あの、すみません....。

反阿修羅様

ごめんなさい。岡山先生のブログで、このような形でもって、(横レス?というのでしょうか?)

以前から、少しだけ、宮城って不思議だなぁ....と、思っていたことがあるのです。

放射脳とは、少し違う意味なのかも知れないのですけれども。

私は、こちらでは、給食をお弁当にしようとは思っていないです。

以前、子供たちが通っていた学校(宮城ではありません。他県です。)

は、給食が最初からなかったので、子供たちはお弁当でした。

それで、なぜ全員が同じ給食を食べなくてはいけないのか?そこがよく判らなくて。

長男は、他県では、ずっと弁当でしたので。(長男は、もう大きいのです。)

なので、弁当のことで悩まれているパパママさんが、不思議でした。

給食のほうが弁当よりも優れている、と、反阿修羅様は、お考えのようですので。

すみません。これでは議論とは言えないですね。
京 |  2012-06-29(金) 01:36 | URL [コメント:編集]

★何でもかんでも疑えばいいってもんじゃないでしょ?

 まったく無知蒙昧もいいところだ。

 私の試算に反論してみてください。

 中日新聞は、君達放射脳よりの危険情報も載せている新聞ですよ。そのデータまで捏造だというのですか?

脱脳のすすめ キノコなどを除いて、アトランダムに三つの食品を買った場合、すべて50bqを超える確率は60億円宝くじに当たるのと同じ

 タイトルを読むと、さすがにそれはないだろうと思われるかもしれませんが、検査結果からはそう読み取れるので解説します。

 どうか、この安心情報を信じていただき、これ以上風評を拡散して、被災地の農家や漁師さんを苦しめないでください。

 2012年6月18日中日新聞 ニュースがわかるAtoZ 食の安全<放射性セシウムの新基準値>より

農林水産省調べ
 農産物の検査結果(2012年4月1日~5月31日)

表示例
<品目    :検査点数:50bq以下点数:50~100bq以下点数:基準値越え100bq超過点数>
<野菜    : 3061  : 3055     :     3        :     3  >
<果実    :  174  :  172     :     2        :     0  >
<キノコ山菜等:2451  : 1693     :   337        :    421  >
<その他  :   13   :  12     :     1        :     0   >
<  計   : 5699   : 4932     :   343        :    424  >

<キノコ山菜抜き:3248 : 3239     :    6         :     3  >



 セシウムを怖れている人は当然キノコなどを避けるでしょうから、キノコ山菜を避けたケースで試算します。
       
ア 無作為に食品を買って、それが50~100bq毎kgのセシウム濃度である確率は 0.18472% 541分の1
イ 二つの食品を買って、どちらも同上である確率は 292681分の1
ウ 三つの 同上を計算しようとして電卓では表示しきれなくなった。 15834040分の1
エ 一年中 同上 あり得ない



 ちなみに6億円宝くじの一等4億円が当たる確率は 一千万分の1なので、
イよりも当たりにく く、ウよりは当たりやすい程度です。



 ウは4億円宝くじの15分の1の確率なので、賞金を15倍して60億円宝くじになります。



 これが、「放射脳」の怖れる食品中のセシウムの実態。



 このように、複数の食品を一緒に調理すれば、自然とセシウムの含まれる量は減るのです。



 例えば、給食は栄養が偏るといけないので、なるべくたくさんの食材が使われています。その食材の全てでセシウム濃度が高いなどということは有り得ません。福島はチェルノブイリとは違うのです。



 そのため、給食を陰膳検査で調べても、NDが続くのは当然なのです。



 「弁当を持たせろ運動」をやっている全国の放射脳パパママは、情報リテラシーのない非科学的な人々といわざるを得ません。そんな方々のために、福島の農家や漁師さんが、塗炭の苦しみを味わっているのは、あまりに理不尽なことです。



 放射脳は、福島の農家を、毒の入った農作物を拡散するテロリストだと誹謗中傷の限りを尽くしました。



 私は、放射脳が大嫌いです。そこで、放射脳の砦・阿修羅原子スレで戦っています。

 
 セシウムなんてK-40と同様に無害なのです。人工の核種と天然の核種では、影響が違うなどという放射脳のデマを聞きますが、全くのでたらめです。放射線量であるbqに換算すれば、影響は同じなのです。



 暮らしの放射線Q&A

   人工放射線と自然放射線の違い

 http://radi-info.com/wadai/w-5/

  



 百歩譲っても、現状の暫定基準を実施している限り、セシウムによる健康の害など、起こりえるはずはないのです。



 上記の試算が、全国の放射脳パパママの脱脳するきっかけになるとよいのですが・・・。



 福島と日本は救われたのです。決してチェルノブイリにはなりません。どうか、正しい安全情報も吸収して脱脳してください。
反阿修羅の@iyao1 |  2012-06-28(木) 19:57 | URL [コメント:編集]

★転載させてください

事後報告で申し訳ないのですが、すばらしい内容ですので、当方のブログに転載させていただきました。
今後も拝見させていただきます。
よろしくお願いいたします。
穴原美智子 |  2012-06-26(火) 10:02 | URL [コメント:編集]

★こんばんは

先生、お忙しいところ、連続コメントお許しください。


 関西で、「大飯に何かあって、風下になったらここは危険だ。」と言ったところ、「えらいひとにまかせておけば、ぜんぶやってくれる。専門家が大丈夫だと言ってるのだから、よけいな事を言ってはいけない。」と、身内から言われました。

 家からセシウムが出たのですが、(土を検査機関に出しました。)それを告げたところ、関西の親戚から、「何かの宗教?手かざしか、(最近、逮捕で話題になった)真理教の信者みたいだ。」と返事をもらったこともあります。強烈な体験でした。


 富谷を擁護するわけではないのですが、牛乳停止は、スムーズに手続きをしてもらうことが出来ました。(他の自治体は、ちょっと判りません....)ただ、給食は、以前はたしか10ベクレル以下だったと記憶していますが、(外部で検査されていたとき)今は50ベクレル以下なのが、少し残念です。


 以前から、先生にうかがってみたいことがありました。
素人の質問なので、まったくの勘違いだったら、たいへん申し訳ないのですが
放射能の排出作用がある、といわれている、いろいろなもの(EMやペクチンなど)私は、子供には、とくに何も与えていないのですが、

プルシアンブルーについて、水田に撒く、牛のえさにまぜる、などの記事を見たことがあるのですが、
これは、人間が直接飲むとなると、どうなりますか?
やはり、副作用か何かあるでしょうか。



 私の父は日本海の漁村出身でした。伊根には伯父が住んでいました。
原発のことは、こどもの頃の、ぼんやりとした記憶の中にあります。
なので、お話をうかがうことが出来て、とてもうれしかったです。

お忙しいと思いますので、おからだお気をつけてお過ごしください。


京 |  2012-06-25(月) 23:35 | URL [コメント:編集]

★原発再稼動反対、デモ以外にも何かできないものか。

さて大飯原発再稼動反対の活動が広がっております。

デモ参加以外にもできることはないでしょうか。








①例えば、深夜のスーパー、コンビニの営業,テレビ局深夜は本当に24時間必要なのでしょうか。


セブンイレブンという店が町に始めてできてからまだ40年ほどでしょうか。やがてスーパーも右へ倣えとなり、コンビニにATMができた。

この際、どんなに忙しい人も夜20時、遅くとも22時までに買い物、支払いを済ませる健康的な生活を実行し続けてはどうでしょうか。

経営者としては、22時以降は店員を一切雇わず、店を閉め、消灯する。22-5時まででも実行してみた場合、実際コンビニ何店舗分で消費電力がどの位減るのでしょう。さらにスーパー何軒分を足すとどうなるのか。テレビ局が0時で放送終了したら(よほど視たい者はビデオがある。)これが1ヶ月、半年、1年、5年、10年となるとどのくらいになるのか。


この時間分の電気代と人工代が節約でき、実際脱原発がはかどるならば(天然ガス、石炭による火力発電主体で、可能なところから少しずつじっくり自然エネルギーへの転換)少しの赤字はこれからの子孫への健康貯金と思えばいい。

この合計分で、原発がどの位要らなくなるのか。興味あるところではありませんか。

各コンビニのチェーンごと、スーパーごとに算出を依頼し、実行を勧めてみるプロジェクトというのはどうでしょうか。全国の賛同団体に提案し、賛同団体ごとに、コンビニ、スーパー、テレビ局の担当を分担し、全国ネットのプロジェクトですと、働きかけてみるというのは。

独自基準を設けた、スーパーイオン、OKストアは理解が早いのでは?

ばたやん |  2012-06-24(日) 15:39 | URL [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://hirookay.blog.fc2.com/tb.php/32-281ae900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。