12-<< 2017-03- >>01-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.03.25 (Sun)

津波瓦礫は全て山積み処分し公園に整備を。津波瓦礫の合理的処分法

      岩手・宮城の津波瓦礫は全て集め、
   山積み処分して津波記念公園に整備を
  
               津波瓦礫の合理的処分法

            要約
・ 津波瓦礫の焼却や広域処分は、瓦礫処分を早めることにならない。やれば莫大な費用と時間を浪費し、復興を妨げる。
・ 莫大な費用をかけて他の地方に運んで処分する合理的理由は無い。広域処分は莫大な浪費だ。瓦礫は全量地元で処分し、貴重な税金は浪費せずに、直接、被災者と被災地の為に使うべきだ。
・ 岩手、宮城の津波瓦礫は遺品として扱い、全て集めて仙台平野の海岸に山積み処分し、大古墳のように整備して、慰霊と津波記念の大公園にするのがよい。
・ 岩手や宮城の海底や海岸にある津波瓦礫の放射能は低いので放射能処理施設で管理しなくてもよいが焼却や拡散してはいけない。
・ 焼却や広域処分は費用と時間を浪費する。かえって放射能処理を妨げる。汚染を拡大する可能性がある。
・ 山積み処分が最も、早く、経済的で安全な合理的処分法だ。
・ 津波瓦礫は全て仙台海岸に集め古墳のように築き、津波記念公園として整備する。世界一の地震津波資料館設置を提案する                  
            はじめに
岩手、宮城県の津波瓦礫処分について考え方の整理と私の考えを述べる。

          津波瓦礫の現状
宮城、岩手県の津波瓦礫は2000万トン。
焼却、埋め立て、建設・土木資材として再利用、他地方へ輸送して焼却等の広域処分などの方針で進められている。
1年かけて、処理されたのはわずか6%。

          瓦礫処分遅れの理由
・広域処理の目標は、岩手県で全瓦礫のわずか15%弱、宮城で23%だけだ。
・岩手で瓦礫処理まで20年、宮城で10年の試算がある。

・もし広域処理が瓦礫全体の80%なら、広域処分のスピードを上げれば、被災地の瓦礫処分は早まる。
・しかし計画でさえ全体のわずか15%の広域処分ではその半分が達成されても20年が18年半、10年が9年3ヶ月とわずかに短縮されるだけで、現実の瓦礫処理を早めない。
・岩手、宮城瓦礫の20%だけの広域処分を早めても被災地の瓦礫処分に役立たたず、広域処分は無意実だ。

・被災地の瓦礫処分を早めるには、地元での処分を早めるべきだ。
・瓦礫処分遅れは、地元処分の遅れが原因だ。
・地元処分方針のまずさと政府に熱意無いことが地元処分遅れの原因だ。

・厚労省は現地での焼却炉建設を認めない。
・理由は「がれきには危険な放射能が含まれてる可能性がある。詳細な検討が必要」と。
・一方で、全国には、焼却は問題ないと拡散させて処理させる。

・岩手県岩泉町長:「もともと使ってない土地がたくさんあるのに、どうして急いで瓦礫を全国に拡散するのか?10年、20年と時間をかけて処理した方が雇用確保し、地元に金も落ちる。」
・南相馬市長:「がれきは復興の貴重な財産。護岸工事に使いたいが不足しているので宮城から運んできたいと相談したら、放射線量が不明だから動かせないといったのは官僚」。
・岩手県担当者:「県内に処理施設を増設するなどし、その費用が補助金で賄われ、自前処理ができれば理想的です」
・国は地元には「線量が不明だから動かせない」と言い、一方で他の地方には「瓦礫処理で汚染の心配はない」と言う。
・「国が言った」というのは「官僚が仕切って言った」ということだ。

         広域処分はすべきでない
・広域処理は運送費など莫大な経費と時間の浪費と放射能の拡散になる。
・各地に分散するのは除染と逆の行為で、してはいけない国際的合意だ。
・元々、広域処理の合理的必要性は無い。

・各地で瓦礫受け入れが進んでいないことが、瓦礫処理と被災地復興の妨げになっているという政府発表や報道が続いている。偽りである。
・政府の方針でも域外処分予定は20%で80%は地元処理である。
・地元処理が進んでいないことが瓦礫処理が進まない原因だ。

・20%の域外処理は元来不要だが、問題をすり替て国民を偽る政府と、批判せずに政府広報的なことしか伝えない報道は、きちんと事実を知らせずに、世論誘導をしている。
・政府に不都合なことも十分報道して、国民の議論と同意、良識に基づく、健全な復興復旧事業にすべきだ。

         焼却処分はすべきではない
・津波瓦礫の放射能は低レベルだが、全体量が多いので拡散すべきではない。
・放射線の確率的発癌作用は、千人に1人癌死させる放射能量は、1万人で分けても10万人で分けても1人が癌死する・個人の発癌確立は減るが全体では変わらない。
・低濃度だからと放射能拡散の総量を増やすと社会全体で癌死はかえって増えるから、放射能を希釈して広げてはいけないという考えで、日本や殆どの国の法律が作られている。
・放射能は食品や大気中に希釈して汚染範囲を拡大してはいけないというのは放射能管理の常識・関係者の合意事項、国際的にも合意事項だ。

・煙の放射能を完全に回収できない焼却施設で燃やすと、大気中に放射能を再拡散する。
・煙の中の放射能がどの焼却場も十分回収するのか、これまで住民や国民を何度も欺いてきた政府の「きちんとやるから安全」という説明が基準どおり実行する保証になるか疑問だ。

・焼却すると、放射能は減らないので、回収した煙と燃え残り灰に全て残る。
・回収した煙と残り灰の重さは焼却前より少なくなるが、放射能は減らないので、kgあたりの放射能は高くなり、かえって処理を困難にする。

・高濃度になった回収煙と残り灰の処分法、処分場を政府は決めていない。
・最終処分の方法と場所を決めない放射能処分はありえない。
・これだけでも、焼却処分をしてはいけない強い理由だ。
・放射線管理の常識と国際合意に反している。

        
          埋め立て素材などとしての再利用
・農地や海への埋め立てに使うと汚染や土質悪化をおこすので、すべきでない。
・十分低レベルのものは土木資材として使うことは可能だ。
・しかし、本当に放射能レベルが低いか、測定や規制が公正かということについて、繰り返し国民を欺いてきた政府の悪い実績が多く、今も続いているので、広く社会的に自由で健全な議論や検討をせずには再利用すべきではない。

・現実は、更に、自由で健全な議論を抑圧する、自由な発言がしにくい社会に誘導された。
・土木・建設素材として再利用することに反対する人を、「復興を邪魔する特殊な、社会から無視されるべき人だ」と、土木素材に再利用させないことが復興を邪魔する異常な人であるかのような、異論を侮辱排除する世論誘導が実際に行われている。

・再利用するとしても、瓦礫の全体量から見ればきわめて少ないので、処分計画に影響を与える量にはならない。
・したがって、瓦礫再利用によって瓦礫処分が早まる、あるいは、再利用を有効な瓦礫対策の1つとして考えるべきではない。
・瓦礫を再利用する場合は、再利用することが直接事業に役立つ場合に限るべきだ。
・事業に直接利益が無ければ、瓦礫を再利用させるために公的補助金が上乗せされて始めて実行される。

            浪費
・補助金を出す側と受け取る側に不健全な関係を生じ、税金が浪費されてきた。
・行政と業界の不健全な関係は、瓦礫処理に無効なだけでなく、社会の健全さと合理性を蝕み、利権は社会の健全性を阻害し国民の財産を消耗させる。
・浪費や利権に費やす費用は全て納税者から集める税金だ。
・広域処分や焼却、再利用を行うための補助金は、貴重な税金の浪費になり、被災者と被災地の回復・復興を妨げる。

・利権は真の復興を妨げる。
・浪費をやめて被災者と被災地の為に直接使うべきだ。
・「東京都に搬入瓦礫の焼却をする処分業者は、東京臨海リサイクルパワー株式会社;東京電力 のグループ企業社。ここでも税金から200億円が東電に入る仕組みだ。

       瓦礫は全て山積み処分して記念公園に整備を
          最も合理的な瓦礫処分法

・津波瓦礫は輸送費をかけず分別せず、地元で全部集めて山積み処分が良い。
・焼却や広域処分よりずっと早く、安く、安全に、全ての大量の瓦礫を処分できる。
・三陸地域は瓦礫を集める土地がないので、津波で被災した仙台平野の海岸に集める。
・湾内海底瓦礫も含めて2000万トン全て集め古墳のように築き、津波避難所をかねた、慰霊と決意の津波記念公園として整備すべきだ。

・放射能はレベルが低いので少量では問題ないが瓦礫の量が莫大なので、総量は無視できない。
・土壌への浸透防止は必要だ。
・しかしそれ以上の厳しい汚染防止、被曝防止対策は不要なので、安い費用でできる。

・集めて積み上げるだけなので費用も時間もかからない。
・土壌汚染・浸透防止のための基礎部分(底)は必ずしも厳重にする必要はなく、水抜き層と水抜きパイプで水抜きを十分に行う。
・底には粘土や吸着剤を敷き、最底部にはコンクリートなどの不浸透資材による底を作る。

・瓦礫は思い出と悲しみの遺品だ。人々の思い出の宝をごみとして処分するのは残念だ。
・ごみとしてだけ考えず、津波で死亡した人たちの遺品として全て集めて丘に築き、慰霊と津波記念の大古墳、記念公園として整備することが良い。
・900m × 600m、平均高 20mの丘に築くと2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字だ。 
・ちなみに、仁徳天皇稜は堀も含めて840m×486m、最高高さ34m

・海から海岸の処分場まで堀を作れば、三陸湾内の海上と海底に残された瓦礫も、船で直接移送可能だ。
・裁断してトラック輸送することなく、広域処理や再利用・焼却を主とした処分よりも、はるか経済的に、早く、環境汚染少なく、大量処分が可能だ。

・津波の教訓や歴史、防災の世界的拠点として、被災地元の誇りとなるような世界一の地震・津波資料館を併設することを提案する。
・復興と発展に役立つ。
・公園費用と考えれば高額だが、瓦礫処分費用と考えれば瓦礫焼却や広域処分を含めた政府方針より安くできる。
・瓦礫処理、公園や慰霊モニュメント、文化教育施設と縦割りで考えず縦割り行政の視野の狭さを克服し総合的判断すれば実現可能だ。

・関東大震災復興事業として、横浜市は震災瓦礫を集めて山下公園を作り、5年後大博覧会を開いた。現在は横浜を代表する公園になっている。
・歴史的世界的な平和の決意の場にした広島平和公園と原爆資料館の例もある。世界中から心ある多くの人々が訪れている。

・現在も殆どの瓦礫が始末されずに残っている。
・すぐに、全て一箇所に集めて山積処分の方針を決定して着手すべきだ。
・遅れるほど時間と経費を浪費して、被災地の復興を妨げ、社会を疲弊させ、社会の健全さと活力を阻害する。既に高額の経費が浪費され、浪費の速度は加速されている。

       社会と人のあり方
・政府は「規制」と言って実際は逆に汚染容認の基準を作って、放射能と放射線被曝拡大を強制してきた。
・空間線量も、食物暫定基準も、食物新基準もそうだった。
・膨大な放射能ほこりが舞い、翌日に何が起こるか分からない状態でも、「安全だ心配するな、逃げるな、心配せずに自家野菜を食べろ」と言って被曝回避の言動を妨げ、被曝させた。
・政府と東電は今も謝罪も反省も、責任者の処分もしない。処分断罪されるべき人たちが今も原発事故対策を仕切っている。異常な社会だ。

・「被災地のためにも瓦礫受け入れを」と言う政府説明は被災地の困窮と被災地への同情心を利用して、利権と放射能汚染拡大、国民分断化を狙うものではないか。
・他の地域での瓦礫処分が進まないことを差別意識と結び付ける政府や報道の基本姿勢を改めるべきだ。
・瓦礫受け入れに反対する人を「被災者の痛みを共有しない、利己的な人であるかのように言うキャンペーンは、無礼だ。政府が主権者に言うべき言葉ではない。

・瓦礫や政府の言い分を受け容れない人を「利己的な人」として村八分的に侮蔑・無視・排除し、恐怖心を作って異論を言わせないようにしようという政府やマスコミの言論活動は、自由な発言と社会の健全性を脅かし危険だ。

・東京都知事は、放射能瓦礫処理に対する苦情・発言に「黙れ」と恫喝的に一喝した。
・岩手の瓦礫が東京に到着したとき、取材の記者が、私物のガイガーカウンターで測定することも禁止した。

・自治体が住民に納得しうる健全な方針と考えていないから、自治体が住民に納得させられない。
・瓦礫による風評被害は自治体が住民に説得できなければ、自治体に説得専門家を送って“国が対応するという。
・自治体が住民に正当だと考え、説明できないものを強引に行ってよいのか。

・大規模分別を前提にした、政府の瓦礫再利用処分計画は、時間と経費を浪費する。
・被災者の困窮と国民の同情心を利用して、国民と社会を欺き、被災地の瓦礫処分や復興に実質的に役立たない津波瓦礫広域処分と、異論を言う人へのネガティブキャンペーンをやめ、自由で誠実な発言や議論を安心してできる健全な社会運営をすべきだ。
・異論を排除する一方的で、人を欺く「日本人として痛みを共有しよう」という瓦礫広域処理広報に来年度15億円予算は不適切だ。 
・知識がない芸能人やアナウンサーがコメントして、コメント・解説した内容には責任をとらず、世論誘導する日本のテレビはおかしい。
・異論を言う人を侮蔑・排除し発言抑圧する社会は健全ではない。
 
          全国の方へ
・「瓦礫を引き受けよう」というのは被災者や被災地支援にならず、復興を阻害するかもしれない。大切な税金を浪費し、復興を阻害する。被災者が財産・仕事・生活を破壊されたままでほとんど放置されている現実から、国民の認識をそらしている。

・利権や打算に結びつかない、直接、被災者個人と被災地の回復に役立つ支援が必要です。

・瓦礫引き受けは被災地支援にはらない。東京電力に好都合の、政府視点で行っている瓦礫引き受けニュースの氾濫は、広域処分に眼が向いて、現地処分を進めない現実や、被災者の就業、生活が殆ど破壊されている現実とその原因を見えなくしている。被災者の復興を阻害していると私は考えます。

・自分や子どもの被曝を危険と考えて引き受け反対を主張する際は、それよりも高い被曝を受けている福島の人や、はるかに高い被曝を受けて、今も原発事故拡大を防ぐための福島原発作業をしている人のことを考えよう。その人たちの被曝を防ぐことを同時に考え、彼らの被曝を下げさせましょう。

・瓦礫引き受け反対するときは、被災地と今も被曝している人々支援・救援を明らかにした上で、受け入れ反対しましょう。利己主義助長、社会の健全性を破壊し、被害者を隠蔽する、東電と幹部、関連業界利権を守るための政府路線を助け、被災者を苦しめる力にならないよう注意して、瓦礫と利権拡散させない活動、がんばってください。

・ 被災地と被災者を支援するには何が有効か・何が阻害するか? 言葉の吟味・責任なしに、自分は批判されないという安全圏は確保して「感想を言う」という風潮に乗ることを卒業しよう。

・ 事実を深く自分で観察・分析し、他人のではなく、自分の判断を決め、機会あるごとに再吟味しましょう。
他人の損害や苦痛を悲しみ、つらく思うという、やさしい感性と、やさしく健全な感性を深め育む知性を育てましょう。その感性に誤りはないかも吟味する、誠実でていねいな知性も大切。
          
2011年5月以来主張してきたことをまとめた。

本論主旨は「震災モニュメント、鎮魂と研究の場建設を」河北新報持論時論2011年6月11日で提案発言した。
当時、私は余裕がなく、瓦礫処理や震災復興に関係した諸委員会や機関、行政、政治家に働きかけずに終わった。
賛意を持たれ、各機関に関係や働きかけることが可能な方は、本記事をどうぞご利用ください。

(追加)本ブログの別記事「放射性廃棄物は原発付近に集めて管理を。焼却処分はすべきではない。放射性廃棄物処理の正しい戦略と方法」http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
もお読みください。

(追加)。原爆資料館には保育園、小中高校の修学旅行生、内外からの入館者の大型バスが終日20~30台が駐車していた。2012年5月10日、11日結核病学会:広島平和公園の国際会議場に2日間出席した時の風景です。

(追加)石巻地区は2012年9月、鹿島JVにがれき処分を1923億円で契約した。期限を決めた全額国庫負担事業としたために、どの自治体も莫大な経費の浪費を考えることもなく気楽に、広域処理・焼却処分という国(官僚)が準備したプロジェクトに乗った。

(追加)宮城県は現在、気仙沼市と南三陸町に40か所ある仮置場がれきおよそ150万トンを新たに造る1か所の処分場に集め、今後3年をメドに分別・焼却する方針。2012年8月21日説明会では、最終処分場予定地の周辺住民か反対意見が相次いだ。

(追加) 政府は2012年8月7日、広域処理が必要な量を5月の公表値より78万トン少ない169万トンと報告した。うち132万トンは受け入れ先が未確定で、各地の自治体との調整を続けることを申し合わせた。
 岩手県は42万トンと120万トンから大幅に減少。
                 
(追加)
「津波記念公園を」署名と実現の為の運動呼びかけ

本ブログをお読みいただいた方が中心になって、実現の為のいくつかの運動がおき、私も発案・呼びかけ人として積極的に参加し、これをまとめて全国的運動として活動を開始しました。
どうぞご参加ください。グループや個人参加どちらも歓迎です。ことに被災地宮城県のグループの参加と、宮城で自治体などへの要望活動などを行なってくださる方が参加してくださることを心から呼びかけます。
本ブログ「「津波記念公園を」署名運動の呼びかけ (09/11)
直筆署名用紙、web 署名、賛同団体・賛同著名人登録窓口は
震災復興プロジェクト http://savechildproject.web.fc2.com/tunamikinen.html
をご覧下さい。

(2012年9月30日 加筆修正)
関連記事
スポンサーサイト
21:29  |  放射線  |  TB(2)  |  CM(41)  |  EDIT  |  Top↑

★岡山さんの意見をまとめた要望書に署名お願いします。

前回の投稿をご覧ください。
ばたやん |  2012-07-22(日) 13:46 | URL [コメント:編集]

★要望書 署名活動中

内閣総理大臣、環境大臣に要望する署名をお願いします!
<宮城 岩手地区の震災がれきは津波記念公園として整備を!>プロジェクトチーム」では、内閣総理大臣・環境大臣に対し、震災がれきは津波記念公園として整備を求める要望書を提出します。

私たちは被災県の市民として、沿岸被災地の復興を心より願い、瓦礫が受け入れ拒否をされている事に心を痛め、同時に、瓦礫の広域処理の問題点、放射性物質拡散の恐れを危惧して来ました。
瓦礫は、ゴミではなく、本来そこにあったはずのものです。大切な遺品です。
それがゴミとして処分されるばかりでなく、受け入れ難いものとして拒絶される現実はとても悲しいものでした。
原発事故により、放射性物質が広く拡散された以上、適切な処理方法を取るべきだと考えます。


当会ではこのプロジェクトの内容に賛同し、署名の案内と集約をこちらのブログで行います。
この活動にご賛同くださるという方々のご署名を募って行きたいと思いますので、皆様の御協力をお願い致します。

このプロジェクトは岡山博先生のブログのコメント投稿者の中で、このような建設的意見は内容を明示し、情報が行き渡らない層にまで広く拡散し、原発に疑問を持ちながら、政府に任せる事に不安を感じながらも声を上げる事ができずにいる方々も「署名」という形で巻き込んで、意志表示のきっかけを与える事、広域処理政策が利権が絡んでいる事を大半の市民が知る術もなく、被災地支援の名目で不必要な瓦礫の拡散が行われている事実や危険性を理解し、広域処理に反対することは誰はばかることなく正しいことなのだということを国民が把握する事。
それにより、ひとりひとりの意識を高める事を目的に始まりまし た。


>>参考 岡山 博 (仙台赤十字病院呼吸器科医師、東北大学臨床教授 岡山先生のブログ)

要望の内容については下記をご覧下さい。


■web署名は下記よりお願いします!
宮城・岩手地区の震災がれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!


■署名用紙はこちらから、PDFの表示、印刷ができます。
うまく動作しない方はこちらよりPDFをダウンロードしプリントアウトしてお使い下さい。

署名の集約先(送付先)、問い合せ先等は下記の通りです。

【集約先】

●放射能から子供を守るプロジェクト・チーム奥州
〒023-0801
岩手県奥州市水沢区横町2番地 メイプルB1F
奥州市民活動センター気付(21番ポスト)



○お問い合わせ
080-6805-6407
mirainochi@shinsaigareki.co.uk



【ご署名方法】
* 同上などと省略せず都道府県からすべてご記入ください。(web署名の場合いただいた住所はweb上では公開されず、ニックネームとコメントのみ表示されます。同じメールアドレスで複数人の署名が可能です)
* 要望書は今後、主旨が変わらない範囲で修正をする可能性があることをご了承ください
* いただいた個人情報は署名提出のみに利用し、第三者には提供しません。

--------------------------------------------------------------------------------

岩手・宮城地区の震災がれきは、全て集めて山積み保管し、
津波記念公園として整備を!



【提案主旨】

* 岩手県と宮城県のがれきは、湾内海底がれきも含め、一箇所に全て集めて山積み保管する。

* 三陸海岸には平地が狭いので、津波で被災、地盤沈下して塩害が残る、仙台平野海岸に集める。

* 集めたがれきを古墳のように築いて、慰霊と決意の津波記念大公園として整備する。



【提案理由】

山積み保管法について

* 津波瓦礫の焼却と広域処理は、瓦礫処理を早めることになりません。

* 津波がれきの焼却と広域処理は、費用と時間を浪費します。公費は全国や関係団体の利益や利権につなげず、直接、被災者と被災地復興に役立つように使うべきです。

* 焼却処理は、環境汚染拡散につながることと、焼却灰と回収煙は濃縮されて、kgあたり放射能が上がり、かえって安全な放射能処理を妨げます。

* 岩手や宮城の海底や海岸にある津波がれきの放射能は低いので、高度な放射能処理施設で管理しなくてもよいが、大量にあるので拡散させないように管理すべきです。

* コンクリート、粘土層等、土壌への浸透防止床(コンクリートなど)の上に、がれきを山積みし、パイプを設置して水抜きし、集めた排水 は、濃縮、固形化してドラム缶にいれて長期管理を行なうという、従来の標準的放射汚染水処理を行ないます。本要望と並行して私たちは、環境から集められた 放射能汚染廃棄物は全て、福島第一原発付近に放射能汚染廃棄物最終保管場を設置して保管・管理することを要望していますので、そちらにドラム缶を運んで同 様に埋設する。

* がれきの山の表面を粘土やコンクリートで被い、雨雪を、がれきへ浸透させずに排水すれば、瓦礫から出る排水は激減します。

* 岩手・宮城では瓦礫の放射能よりも山野や田畑の枯れ草や落ち葉の放射能のほうが格段に多いので、放射能汚染廃棄物処理と汚染・被曝防止のためには、農地や 山野の対策をより強化される事を要望します。その際出た処理物は福島地区要望書にある保管場に運ぶことができます。

* 津波がれきは山積み保管が早く、経済的、安全で、最も合理的保管法です。

* 900m × 600m、平均高 20mの丘に築くと2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字です。

* 保管場を海岸に造るので、がれきを海上輸送できることも利点です。



記念公園として整備することについて

* 瓦礫は思い出と悲しみの遺品です。ごみとして処分するのは残念なことです。工法、排水の工夫で再利用可能となります。

* 集めたがれきは古墳のように山積みし、津波避難所をかねた、震災津波慰霊の大公園として整備する。

* 津波の教訓や歴史、防災の世界的拠点として世界一の地震・津波資料館を併設する。

* 世界一の資料館は、被災経験が将来の苦痛としてだけでなく、被災と被災地の誇りとなることを助けます。

* 世界最高の津波資料館は観光・学術・文化施設として、被災地の経済、文化振興復興と発展に有益です。広島平和公園と併設された原爆資料館・国際会議場が良い例です。

* 公園・博物館は、広域・焼却処理に考案した費用を充当すれば可能です。



■連絡先 <宮城 岩手地区の震災がれきは津波記念公園として整備を!>プロジェクトチーム

代表 北海道余市町山田町162-21 阿部 毅


--------------------------------------------------------------------------------

【賛 同 団 体 様】
※賛同団体様を募集については「子ども全国ネット」のMLにて行っています。後日、メールでも受付を開始いたします。

「子どもたちを放射能から守る・八尾の会」代表松下勝則(大阪府八尾市)
北九州の自然食のお店 えこわいず村
放射線被曝から子どもを守る会・いわて




ばたやん |  2012-07-18(水) 15:39 | URL [コメント:編集]

★ばたやん様岡山Re: 震災がれき要望書2

ばたやん様2岡山 博
コレが経済的、技術的に最も合理的処分法です。
がれきをごみとしてではなく、維新として集め、世界的な地震津波記念講演にすると、東北と被災地の誇り励まし、そ文化観光資源になり、被災地の人を助け連体詞励まし、人の誇りと、悲しいが豊かな感性知性をはぐくみ、打算ではなく、本当の意味で、本当の支援になります。
感謝連帯
岡山博

・・・以下6月21日ばたやん様からの提案・・・・
岡山先生のその2の原文です。ご意見お願いします。


> 内閣総理大臣
> 「岩手・宮城のがれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」
>
>  岩手、宮城の津波がれきは広域焼却をせず、遺品として全て集めて山積み保管し、津波記念公園として丘に築いて整備することを提案します。
(以下省略)
>
ばたやん様2岡山 博 |  2012-07-07(土) 20:57 | URL [コメント:編集]

★Re: 震災がれき要望書

ばたやんさま

ご賛同ありがとうございます。
国が東電の召使のようになって、不要で有害、無駄遣いの施策を進めています。
恐らくこれ以外に合理的な案はないと考えています。
社会を良くするために、いろいろな方が、健全で合理的主張をすることが大切です。
私は、署名活動には直接参加できませんが、大義と大同の為に、いろいろな場でまっすぐにがんばりましょう。
感謝、連帯 (遅れて澄夫ませんでした)

岡山博

・・・・・・・以下端やんさんコメント・・・・・・

 岡山先生に文章を1枚にまとめていただきました。
環境ジャーナリストの青木泰さんにも目を通していただきました。
もう1通も次に投稿します
このような内容の要望書署名運動を全国展開するべきではないでしょうか。
皆さんご意見をお寄せください。
>
>
> 内閣総理大臣

> <福島第一原発付近に土地を確保し、放射能汚染廃棄物をすべて集めて山積み管理する提案と要望書>


>  私たちは、福島第一原発付近に放射能汚染廃棄物最終保管場を作り、放射能汚染廃棄物を全て集め、山積みして保管・管理することを要望します。
>  (以下略)
>
>
>  この管理方法が最も合理的で経済的です。保管法を心配せずに、除染して集めた放射性物資を全て回収処分することができます。
>
>
>  放射能は人為的に減らせません。除染とは放射能汚染物質を移動することなので、集めた放射能汚染廃棄物を集める保管施設が必要となります。
>
>
>
> 放射性廃棄物処分場
>
> ・福島第一原子力発電所付近に処分場を確保し、山積み保管して長期管理する
>
>
>
> 保管対象: 
>
> ・すべての震災・津波がれき
>
> ・すべての地域で除染活動で集めた各地の汚染物質
>
> ・全国のごみ焼却場の放射能汚染物質を含んだ残り灰と煙回収物資
>
>
>
> 保管・管理法
>
> ・土壌への浸透防止のコンクリート底をつくり、放射能汚染廃棄物を全て山積みする。
>
> ・瓦礫の山に水抜きパイプを設置して水抜きし、集めた排水は従来の放射能汚染廃棄物保管と同様に、濃縮固化して、がれきで築いた山中に設置した横坑道内にドラム缶保管する。
>
> ・東京電力が管理する。
>
> ・除染活動をするためには山の表面の水を浸透させずに排水すれば、瓦礫から出る排水は激減する。
>
>  ・2000万トンを管理するには、土壌浸透防止と風で飛散しない対策をする。
>
> 当然この場所は、放射能汚染廃棄物管理施設なので一般人は立ち入り禁止。福島原発付近に場所を確保して行なう事を要望します。
>
>
>
>  山積み処分なのでその量が多くとも、集めることが可能となります。各地で除染活動を安心して行なうことが出来ます。
>
>
>  具体的な山積みの仕方や、土壌汚染・風で飛散対策や管理方法などは、具体的にはいろいろ工夫はありえます。それが可能な構造や方法を専門家が作ることは難しくありません。
>
>
>
>  放射能汚染物質管理を考えるとき、まず第一にすべきことは、どこにどれだけどのような形で集めて管理するのかということです。
>
>
> それを決めずに、処分法を決めることは不可能です。
>  今回作られた放射能汚染物資は2000万トンと見積もられており、仮に焼却して容積が10%に減らせたとしても200万トンになり、多すぎてドラム缶につめて地下室で長期管理は不可能です。
>
>  焼却して容積・重量を減らせば比放射能は逆に増えてずっと高レベルになるので、管理の困難さと危険性は焼却前よりもかえって大きくなります。    
> 従って焼却処分はすべきではありません。
>
>
> 立ち入り禁止の処分場の土地確保について
>
> ・原発、ダム、高速道路、工業用地など公共的大事業を行なうために、大規模土地取得を行なってきた。
>
> ・住民の希望による土地売買ではなく、取得する側の都合による土地収用であることと、地域文化と生活基盤を全て失う代償を考慮して、時価より何倍も高額の土地代金を支払い、移転後の生活再建が出来ることも準備して、土地取得を行なってきた。同様の取り組みを行なうことで、土地取得は可能である。
>
>  ・強く汚染された土地に、人は住むべきではない。住民の健康の為にも  政府は住民を説得する義務があります。
ばたやん様 |  2012-07-07(土) 20:48 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-06-27(水) 13:39 |  [コメント:編集]

★こんな方法もあった、原発再稼動反対の方法

.たんぽぽ舎から回ってきました。
電気料金の自動引き落としをやめよう!
 |  原発再稼働と不透明な値上げは
 |  ぜったい許せない!
 └──── 大畑 豊

皆さん、電気料金を自動引き落としで払ってませんか?それは原発再稼働をもく
ろむ電力会社への白紙委任状です。「世論調査」やデモだけでは私たちの声が届
かないようなので、自動引き落としをやめて明確な「声」を電力会社に届けまし
ょう!

1.自動引き落としをやめ「振込用紙払い」にする。
 電気の使用量・領収証に書いてある電話番号に電話し、(できれば「原発に反
対して」「値上げに反対して」等伝えて)「振込用紙での支払いに変えます」と
言えば、すぐに変更できます ⇒ 集金の不安定化、売掛金の増大によって圧力を
かける。自動振替割引の約52円がなくなりますので、この機会に生活を見直して
契約アンペアを下げては。

2.コンビニで払う/ゆうちょATMで一部不払い
 期限までに全額振り込むか、もう一歩進めて、ゆうちょATMで、金額確認画
で「訂正」を選び金額訂正をして、原発分(約3分の1)や、抗議の1円不払い
をする
*1円不払いは1970年代に故・市川房枝参議院議員が政治献金に抗議して東電に
「電気代1円不払い運動」を展開し、献金を中止させた功績とリーダーシップに
敬意を表してですが、いくらでも構いません。
3.不払いすると「支払いのお願い」通知がくる
 通知に書いてある電気が止められる期日前までに不払い分をコンビニで払う。
あるいは在宅していれば通知を持ってくる人にその場で(意見を伝えて)払うこ
ともできます ⇒ 集金コスト増による圧力・期限を過ぎた不払い分には「延滞利
息」(1日当たり0.03%、5千円1ヵ月滞納すると約40円)がつきます。1円不
払いなら利息はつきませんし、抗議の不払いということが明確です。

日常生活の中から抗議の声を
一人ひとりの力が世の中を変える!

 たった1円でも、1万人が不払いすればその回収に送金手数料負担、督促人件
費等も増えその額は多大になり、電力会社の経営に影響を与えることができます。
また電気代のなかには原発推進のための「電源開発促進税」等も上乗せされて徴
収されています(標準家庭で月110円)。原発に反対しながらこんな料金を素直
に払うわけにはいきません。ゆうちょATMで一時不払いするときに、振込用紙
の上部余白に「げんぱつハンタイ」「ゲンパツはハイロに!」「ネアゲ ハンタ
イ」等のメッセージも書けます(書く位置によってはATMが受け付けないので
書き直せるように鉛筆で)。
「デモはちょっと~」という人もこれなら一人で毎月「抗議」できます。

詳しくは:http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/ 電気代不払いプロジェクト
     toudenfubarai@gmail.com
ばたやん |  2012-06-21(木) 18:31 | URL [コメント:編集]

★瓦礫の参考資料

「政府の震災がれきの処理と放射性物質の除染を問う」というタイトルで、瀬戸昌之東京農工大名誉教授が以下の主張をしていました。「急ぐべきことは、風雪にさらされている仮置き場の瓦礫を、屋根つきの容器に『封じ込める』事である。屋根つきの容器に封じ込めれば地下水汚染、火災や外注の発生、放射性廃棄物の大気への飛散も防止できる。もちろん、がれきの焼却、焼却灰の埋め立てはやってはいけない。コストがかかりすぎるだけでなく、大気・地下水などを通じて汚染を買う三するからである。・・・容器は屋根つきであればコンクリート製である必要はない。・・・・瓦礫の8割強はコンクリートなどの不燃物である・・・」

地面より低い位置からがれきを積み上げると、周囲の土壌からがれきの底に水が浸透して、がれき汚染を溶かして、逆に外に浸透拡散しますから、地面を掘り込まずに地面より高い位置で積み上げることが簡単・経済的で有効との事。以上を踏まえ前記2通の要望書を皆さんの意見を取り入れて仕上げ、早急に全国署名活動を展開するべきではありませんか。
 数を多く集めるの越したことはありませんが、何より、国民の意識向上に繋がります。
ばたやん |  2012-06-21(木) 18:24 | URL [コメント:編集]

★震災がれき要望書2

岡山先生のその2の原文です。ご意見お願いします。




内閣総理大臣

                                緊急


「岩手・宮城のがれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」

 岩手、宮城の津波がれきは広域焼却をせず、遺品として全て集めて山積み保管し、津波記念公園として丘に築いて整備することを提案します。


 提案主旨
・岩手県と宮城県のがれきは、湾内海底がれきも含め、一箇所に全て集めて山積み保管する。

・三陸海岸には平地が狭いので、津波で被災、地盤沈下して塩害が残る、仙台平野海岸に集める。

・集めたがれきを古墳のように築いて、慰霊と決意の津波記念大公園として整備する。


 提案理由
山積み保管法について
・ 津波瓦礫の広域焼却は、瓦礫保管を早めることにならなりません。
・ 津波がれきの広域焼却は、費用と時間を浪費します。公費は全国や関係団体の利益や利権につなげず、直接、被災者と被災地復興に役立つように使うべきです。
・ 焼却は、環境汚染拡散につながり、焼却灰と回収煙は濃縮されkgあたり放射能が上がり、かえって安全な放射能管理を妨げます。
・ 岩手や宮城の海底や海岸にある津波がれきの放射能は低いので、高度な放射能処理施設で管理しなくてもよいが、大量にあるので拡散させないように管理すべきです。
・ コンクリート、粘土層等、土壌への浸透防止床(コンクリートなど)の上に、がれきを山積みし、パイプを設置して水抜きし、集めた排水は、濃縮、固形化してドラム缶にいれて長期管理を行なうという、従来の標準的放射線汚染水処理を行ないます。本要望と並行して私たちは、環境から集められた放射能汚染廃棄物は全て、福島第一原発付近に放射能汚染廃棄物最終処分場を設置して保管・管理することを要望していますので、そちらにドラム缶を運んで同様に埋設する。
・ がれきの山の表面を粘土やコンクリートで被い、雨雪を、がれきへ浸透させずに排水すれば、瓦礫から出る排水は激減します。
・ 岩手・宮城では瓦礫の放射能よりも山野や田畑の枯れ草や落ち葉の放射能のほうが格段に多いので、放射能汚染廃棄物処理と汚染・被曝防止のためには、農地や山野の対策をより強化される事を要望します。その際出た放射能汚染廃棄物は福島地区要望書にある保管場に運ぶことができます。
・ 津波がれき処分は山積み保管が早く、経済的、安全で、最も合理的な方法です。
・ 900m × 600m、平均高 20mの丘に築くと2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字です。 
・ 保管場を海岸に造るので、がれきを海上輸送できることも利点です。


 記念公園として整備することについて
・瓦礫は思い出と悲しみの遺品です。ごみとして処理するのは残念なことです。工法、排水の工夫で再利用可能となります。
・集めたがれきは古墳のように山積みし、津波避難所をかねた、震災津波慰霊の大公園として整備する。
・津波の教訓や歴史、防災の世界的拠点として世界一の地震・津波資料館を併設する。
・世界一の資料館は、被災経験が将来の苦痛としてだけでなく、被災と被災地の誇りとなることを助けます。
・世界最高の津波資料館は観光・学術・文化施設として、被災地の経済、文化振興復興と発展に有益です。広島平和公園と併設された原爆資料館・国際会議場が良い例です。
・公園・博物館は、広域・焼却処理に考案した費用を充当すれば可能です。
                                                                                         団体名<震災がれきは福島で山積み処分、宮城 岩手地区では津波記念公園として整備を!>プロジェクトチーム


氏名                         住所

ばたやん |  2012-06-21(木) 16:44 | URL [コメント:編集]

★震災がれき要望書

内閣総理大臣



岡山先生に文章を1枚にまとめていただきました。

環境ジャーナリストの青木泰さんにも目を通していただきました。
もう1通も次に投稿します

このような内容の要望書署名運動を全国展開するべきではないでしょうか。
皆さんご意見をお寄せください。


内閣総理大臣
                                   緊急





<福島第一原発付近に土地を確保し、放射能汚染廃棄物をすべて集めて山積み管理する提案と要望書>





 私たちは、福島第一原発付近に放射能汚染廃棄物最終保管場を作り、放射能汚染廃棄物を全て集め、山積みして保管・管理することを要望します。



 この管理方法が最も合理的で経済的です。保管法を心配せずに、除染して集めた放射性物資を全て回収処分することができます。


 放射能は人為的に減らせません。除染とは放射能汚染物質を移動することなので、集めた放射能汚染廃棄物を集める保管施設が必要となります。



放射性廃棄物処分場

・福島第一原子力発電所付近に処分場を確保し、山積み保管して長期管理する



保管対象: 

・すべての震災・津波がれき

・すべての地域で除染活動で集めた各地の汚染物質

・全国のごみ焼却場の放射能汚染物質を含んだ残り灰と煙回収物資



保管・管理法

・土壌への浸透防止のコンクリート底をつくり、放射能汚染廃棄物を全て山積みする。

・瓦礫の山に水抜きパイプを設置して水抜きし、集めた排水は従来の放射能汚染廃棄物保管と同様に、濃縮固化して、がれきで築いた山中に設置した横坑道内にドラム缶保管する。

・東京電力が管理する。

・除染活動をするためには山の表面の水を浸透させずに排水すれば、瓦礫から出る排水は激減する。

 ・2000万トンを管理するには、土壌浸透防止と風で飛散しない対策をする。

当然この場所は、放射能汚染廃棄物管理施設なので一般人は立ち入り禁止。福島原発付近に場所を確保して行なう事を要望します。



 山積み処分なのでその量が多くとも、集めることが可能となります。各地で除染活動を安心して行なうことが出来ます。


 具体的な山積みの仕方や、土壌汚染・風で飛散対策や管理方法などは、具体的にはいろいろ工夫はありえます。それが可能な構造や方法を専門家が作ることは難しくありません。



 放射能汚染物質管理を考えるとき、まず第一にすべきことは、どこにどれだけどのような形で集めて管理するのかということです。


それを決めずに、処分法を決めることは不可能です。
 今回作られた放射能汚染物資は2000万トンと見積もられており、仮に焼却して容積が10%に減らせたとしても200万トンになり、多すぎてドラム缶につめて地下室で長期管理は不可能です。

 焼却して容積・重量を減らせば比放射能は逆に増えてずっと高レベルになるので、管理の困難さと危険性は焼却前よりもかえって大きくなります。    
従って焼却処分はすべきではありません。


立ち入り禁止の処分場の土地確保について

・原発、ダム、高速道路、工業用地など公共的大事業を行なうために、大規模土地取得を行なってきた。

・住民の希望による土地売買ではなく、取得する側の都合による土地収用であることと、地域文化と生活基盤を全て失う代償を考慮して、時価より何倍も高額の土地代金を支払い、移転後の生活再建が出来ることも準備して、土地取得を行なってきた。同様の取り組みを行なうことで、土地取得は可能である。

 ・強く汚染された土地に、人は住むべきではない。住民の健康の為にも  政府は住民を説得する義務があります。





ばたやん |  2012-06-21(木) 10:08 | URL [コメント:編集]

★岡山博Re: 移住について

コメントありがとうございます。
社会が判断することと、個人が自分の情況を考えて判断することの2つがあります。社会の責任者が不誠実で、偽りを言って、健全な姿勢で判断せずに、嘘を言って不利益を人々に押し付けている現実があるので、困ります。
一つ一つより正しく合理的な判断をする濃緑をつけて、分析、検討、判断、実践、総括を繰り返し、より正しく合理的な生き方をしていきましょう。誠実に影響しあえる人がいることは有益でうれしいです。これからも宜しくおねがいします。
岡山博
・・・・・・・・・・・・・
> はじめまして
> 自分は秋田県秋田市在住の2児の父親です。震災以降、放射能汚染による子どもの影響を考え外遊びを極力控え・飲食にも気をつかってきました。
> しかし秋田市でも岩手県の一部地域の瓦礫を受け入れ、焼却埋め立てをすることになり我が家では妻と子ども2人(4歳と1歳)だけでも一時海外移住をさせた方がいいのか悩んでいます。
> ただこういった話を相談できる相手もおらず、はたして子どもの将来の為に移住することが正しい判断なのかわかりません。
> どうかよろしくお願いします。
岡山 博 |  2012-06-10(日) 21:53 | URL [コメント:編集]

★教えてください岡山博。Re: タイトルなし。そのまま公式RTできるツイート付の要望が出ています


ブログ機能を使いこなせていません。
どうぞ教えてください。
感謝。
岡山博

> そのまま公式RTできるツイート付の要望が出ています


> そのまま公式RTできるツイート付の要望が出ています
岡山 博 |  2012-06-10(日) 21:02 | URL [コメント:編集]

★知事へ送付のご提案感謝Re: タイトルなし

「知事絵の提案、宮城県に一筆啓上」ご提案いただいたように、FAX送付してみます。
ただ、同じ内容で2011年6月に、知事あてに意見、提案として送りました。
返事はありませんでした。
ご提案感謝。岡山博


> http://www.pref.miyagi.jp/gyokei/gyokei-ser/ippitu/ippitu.htmこちらから、宮城県への提案が伝送可能なので、多くの人がこの文章を送ることも良いのではないかと考えます。
岡山 博 |  2012-06-10(日) 20:45 | URL [コメント:編集]

★岡山博Re: 大河原講演の御礼

考える役に立ったらうれしいです。
これからも、お互いに、良い影響を与え、与えられながら、まっすぐ、、真剣、丁寧、誠実やっていきましょう。感謝


> 昨日は大河原にて大変有意義な御講演を有難うございました。3・11後の放出が非常に深刻であったこと,これからも警戒を続けなければならないこと,昨年来我々庶民は極端な情報操作に晒されていること等々,先生のお話から多くを学びました。
> 会場でたまたま隣り合わせた女性から,岡山先生のブログが素晴らしいと聞き,帰宅後に早速閲覧しました。先生の真摯な姿勢に打たれています。早速知人にも紹介しました。これからも拡げて行きたいと思います。
> なお,一点だけ私見を述べさせていただきますと,放射能の基礎的な解説に「分子」を持ち出すと反応が分かりにくくなるのではないでしょうか。
> コメントが蛇足に流れましたが,御多忙な中の御講演と御指導に深く感謝申し上げて初回の書き込みといたします。今後さらに多くの人々が先生のお話を聴講される機会を祈念しつつ。
岡山 博 |  2012-06-10(日) 20:33 | URL [コメント:編集]

そのまま公式RTできるツイート付の要望が出ています
cororo |  2012-05-29(火) 09:38 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-05-28(月) 07:36 |  [コメント:編集]

http://www.pref.miyagi.jp/gyokei/gyokei-ser/ippitu/ippitu.htmこちらから、宮城県への提案が伝送可能なので、多くの人がこの文章を送ることも良いのではないかと考えます。
cororo |  2012-05-26(土) 22:05 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-05-24(木) 23:43 |  [コメント:編集]

★てん3様、岡山 博Re: 再度の投稿失礼致します

価値あるお話をありがとうございます。
このような、物を言わせず、無条件同調を強要し、従わないものには侮辱恫喝をする行動傾向は日本社会に顕著です。ギリシャ・ローマ以来のヨーロッパ文化は、常に奴隷支配をした文化ですが、ある意味では、ヨーロッパの奴隷よりも現在の日本人のほうが自分で物を判断し発言することができていないところがあると考えています。自分で判断し、発言し行動するということは、人が正当なプライド・誇りを持つために必要な基本的前提なので、そのような意味では日本人の多くはプライドをもたず、その代わりに何かを代償にしているところがあります。自分の知性と道義性を大切にした自分の言葉を多く持つことがその人の価値の大きなものを閉めると思います。自由に物を言わせず、侮辱と恫喝という嫌がらせを使って、他人や強者に無条件同調を強要する人間関係=社会の中で、人は大切にされず、幸せにはならないと思います。知性と道義性に基づく個人の発言を抑圧する文化・社会、人のあり方が、原発事故を起こし、事故を起こしてからも帰って損害を大きくする対応を続けていることの本当の原因と考えています。だから変えるるべきです。
これからも世p炉しくお願いいたします。
  感謝、共感
岡山博

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

多分に自らの昔話で恐縮ですが、
> 私が子供の頃、幼馴染の家の父親が
> 原発建設反対運動をしていました。
> その家は組織的としか思えない嫌がらせを受け続けてました。
> 家に大小の石が投げ込まれたり、脅迫めいた電話がかかってきたり、
> 見るからにヤバそうな一団が訪ねてきて、
> 家の前を塞ぎ、脅すような暴言や行動に出たり、
> 私が遊びに行っている時にも幾度かあり、
> その家の母親が泣きそうな顔で、幼馴染の姉弟と私を
> 「外で遊んでおいで」と誤魔化しながら
> 裏口や縁側からそっと逃がすようにしてくれた事を覚えています。
> そういう一団に見つかり追いかけられかけ、
> 訳もわからず必死で逃げ、ひたすら怖かった記憶もあります。
> その家の父親の職場にも嫌がらせは行ったらしく
> 仕事を首になったらしいです。
> 大人達の話に聞き耳を立てて得た情報の断片と思い出が
> 長じて全て繋がった時に、かなりショックを受けたものです。
> 周囲の大人達の事なかれな、ひたすら遠巻きにする態度と
> その家の家族が受け続けた理不尽な仕打ちと
> 原発が建ってしまっている現実に、絶望的な感情を抱いたものです。
> 推進派は金にあかせて何でもやってきたのでしょうね。
>
> 今また同じような事をやろうとしている、
> 環境省のゴリ押しは断じて許せません。
> 原発誘致の頃、大人達はあまりにも無知でした。
> 知識を得ようとしても、それ自体が困難でした。
> 今は違います。ネットというものがあります。
> ただ、その頃の大人達は現在は老人で
> 大手マスメディアの流す情婦を受け取るのみというのが大半でしょう。
> 放射性物質の話題を、「口にすることがタブー」的な空気も
> ミスリードともいえる情報ばかりを蔓延させる一因と思われます。
>
> 原発の事故が起こってしまった事は消しようのない現実で、
> 現状、そうなってしまった事実を冷静に見据えながらも、
> 放射能、放射性物質に関しては、「正しく恐れる」事が大切で、
> それが「ごく普通に」できる社会になる事を、祈ってやみません。
てん3様、岡山 博 |  2012-05-23(水) 19:02 | URL [コメント:編集]

★奥津輝久様、岡山 博Re: 真実を伝える方法

> 岡山先生
> この社会で真実を伝える難しさを実感しています。
> .
奥津輝久様、岡山 博
嘘を言って、人の好意を利用して打算的活動をすることは人としてしてはいけないことです。
今の日本はそんな言動をする人がしきって動かしている社会です。
これを変えずに、まともな社会や、まともな人間関係はできません。
同時に、良かれと思ってやったことは、批判をさせない、結果が悪くても、構わないという日本的心情と判断健康は、人の好意や誠実を本物にせず、阻害する働きを持っています。
真実を伝えるのは難しいという面はあるにせよ、伝わらないのは伝え方が下手なことが最大の理由ではなくて、知るべきことを知らず、吟味すべきことを吟味せずにあいての発言を封じるという、うけての問題が基本です。
良かれというスタートでも、本当にそれで良いのかという、まじめで論理的な自己吟味をする自覚と能力を、日本の人と社会は努力して手に入れるべきです。自己吟味をしない人が、他人の発言を封じるというのは会うない社会、危ないものを含んだ人間関係と思います。殆どの日本人の人間関係がそうなっていると重います。これからもどうぞ宜しく。
岡山博


先月、石川県の祖父に会いに行ったとき、
> 『ガレキは皆で痛み分けしよう。』と熱く語られました。
> .
> 人々の善意が、利権を貪る者に利用されているのです。
> 情報操作されたなかで、真実を伝えることは難しいですね。
> .
> 先生の活動を支援します。
> [子どもたちを放射能から守る千葉ネットワーク]会員
> [子どもの安全な遊び場を求める会]世話人/奥津
奥津輝久様、岡山 博 |  2012-05-23(水) 18:09 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-05-22(火) 18:19 |  [コメント:編集]

★ばたやん様 Re: 岡山先生へ

> ばたやん 様
(4月15日、19日コメントへの返信です)。
>
> コメント頂きありがとうございます。ずっと多忙な日が続いています。まだブログ機能を十分理解できずに使っていることとかさなり、お返事送れてすみませんでした。
> 私のブログ記事はどうぞ転載してお使いください。
> 役に立ったらうれしいです。
> ブログ機能を十分理解できていません。前に既にお返事書いて繰り返しになっているかも知れません。
> そのときは悪しからず。
> もしよろしければ、頂いたコメントはオープンにして良いですか?
>
> 岡山博
>
>
>   
ばたやん様。岡山 博 |  2012-05-16(水) 20:45 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-05-15(火) 23:00 |  [コメント:編集]

★再度の投稿失礼致します

多分に自らの昔話で恐縮ですが、
私が子供の頃、幼馴染の家の父親が
原発建設反対運動をしていました。
その家は組織的としか思えない嫌がらせを受け続けてました。
家に大小の石が投げ込まれたり、脅迫めいた電話がかかってきたり、
見るからにヤバそうな一団が訪ねてきて、
家の前を塞ぎ、脅すような暴言や行動に出たり、
私が遊びに行っている時にも幾度かあり、
その家の母親が泣きそうな顔で、幼馴染の姉弟と私を
「外で遊んでおいで」と誤魔化しながら
裏口や縁側からそっと逃がすようにしてくれた事を覚えています。
そういう一団に見つかり追いかけられかけ、
訳もわからず必死で逃げ、ひたすら怖かった記憶もあります。
その家の父親の職場にも嫌がらせは行ったらしく
仕事を首になったらしいです。
大人達の話に聞き耳を立てて得た情報の断片と思い出が
長じて全て繋がった時に、かなりショックを受けたものです。
周囲の大人達の事なかれな、ひたすら遠巻きにする態度と
その家の家族が受け続けた理不尽な仕打ちと
原発が建ってしまっている現実に、絶望的な感情を抱いたものです。
推進派は金にあかせて何でもやってきたのでしょうね。

今また同じような事をやろうとしている、
環境省のゴリ押しは断じて許せません。
原発誘致の頃、大人達はあまりにも無知でした。
知識を得ようとしても、それ自体が困難でした。
今は違います。ネットというものがあります。
ただ、その頃の大人達は現在は老人で
大手マスメディアの流す情婦を受け取るのみというのが大半でしょう。
放射性物質の話題を、「口にすることがタブー」的な空気も
ミスリードともいえる情報ばかりを蔓延させる一因と思われます。

原発の事故が起こってしまった事は消しようのない現実で、
現状、そうなってしまった事実を冷静に見据えながらも、
放射能、放射性物質に関しては、「正しく恐れる」事が大切で、
それが「ごく普通に」できる社会になる事を、祈ってやみません。
てん3 |  2012-04-22(日) 13:57 | URL [コメント:編集]

★感謝。お返事。岡山博Re: 岡山先生へ


コメント、ご提案ありがとうございます。

Email でお返事お送りしました
感謝、お返事岡山 博 |  2012-04-15(日) 18:10 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-04-15(日) 15:28 |  [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-04-15(日) 15:23 |  [コメント:編集]

★オレンジママ さんへ、岡山博 Re: 記事を使わせていただきます。

> オレンジママさんへ 岡山博

コメントありがとうございます。
洞察・論理・総ての人への優しいまなざしを共有いただきうれしいです。
言葉通り、受け取らせていただきます。

オレンジママさんも私と同様に、これらのことの価値を知り、たいせつにし、そのためにこれらを意識・自覚して毎日、人生の言動をされているから、ご指摘くださったと理解しています。

私の文章お使いいただけたらうれしいです。どうぞお使い下さい。
別の話題で、私の意見や解説が必要なときはご意見、ご要望下さい。

オレンジママさんのご意見をこのブログで発表していただくことも歓迎です。
また、コメント下さい。お待ちしています。

    岡山博
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年の3.11に発令された原子力緊急事態宣言以来、福島原発事故の真実を求めて、パソコンに向かい続けてまいりました。深い洞察・明快な論理・総ての人への優しいまなざし…。このたび、先生のブログを初めて拝見し、文章の一つ一つが心に沁みわたり、感銘を受けました。かつて、教育行政と向き合い、自分を安全地帯に置かずに、行動・発言する大変さを味わいました。また、多くの支援を受けて、奇跡が重なり、改革が実現しました。そして、地域の子供たちの笑顔に接した時、全身が喜びで満たされた経験があります。今、故郷のために、一人でも自分ができることをしようと動いています。巨大な力が住民を押しつぶそうとしています。被災地の子どもたちや妊婦さんさえ守ろうとしないこの国の在り方に、心を痛め続けています。昔、【インディアンは7代先を見越して物事を取り決める】と聞いたことがあります。今、長と名の付く方たちの一部は、30年後にさえ責任の取れない決定をしようとしています。先ず、関係する首長さんや議員さんたちに、事実をお伝えしたいです。先生のブログを使わせていただきますので、よろしくお願いいたします。このブログに辿りつけましたことをことを、嬉しく思うと同時に、岡山先生の日々のご活躍に心より感謝申し上げます。どうぞ、くれぐれもお身体おいといください。ありがとうございました。
オレンジママ さんへ、 岡山 博 |  2012-04-12(木) 19:40 | URL [コメント:編集]

★モトPさんへ Re: 全面的に支持します。

モトP さんへ  岡山 博。

そうです。
まともに考えればこれ以外に合理的処分法はありません。
またコメント、ご意見ください。

感謝
岡山博
・・・・・・・・・・・・・・・

瓦礫拡散反対運動をしています。
> そして 福島原発の周辺など1箇所にモニュメントを作るということも提唱しています。 全く 同じ意見です。
>
> 全面的に 支持します。!
岡山 博。モトP さんへ   |  2012-04-12(木) 19:29 | URL [コメント:編集]

★記事を使わせていただきます。

昨年の3.11に発令された原子力緊急事態宣言以来、福島原発事故の真実を求めて、パソコンに向かい続けてまいりました。深い洞察・明快な論理・総ての人への優しいまなざし…。このたび、先生のブログを初めて拝見し、文章の一つ一つが心に沁みわたり、感銘を受けました。かつて、教育行政と向き合い、自分を安全地帯に置かずに、行動・発言する大変さを味わいました。また、多くの支援を受けて、奇跡が重なり、改革が実現しました。そして、地域の子供たちの笑顔に接した時、全身が喜びで満たされた経験があります。今、故郷のために、一人でも自分ができることをしようと動いています。巨大な力が住民を押しつぶそうとしています。被災地の子どもたちや妊婦さんさえ守ろうとしないこの国の在り方に、心を痛め続けています。昔、【インディアンは7代先を見越して物事を取り決める】と聞いたことがあります。今、長と名の付く方たちの一部は、30年後にさえ責任の取れない決定をしようとしています。先ず、関係する首長さんや議員さんたちに、事実をお伝えしたいです。先生のブログを使わせていただきますので、よろしくお願いいたします。このブログに辿りつけましたことをことを、嬉しく思うと同時に、岡山先生の日々のご活躍に心より感謝申し上げます。どうぞ、くれぐれもお身体おいといください。ありがとうございました。
オレンジママ |  2012-04-10(火) 09:51 | URL [コメント:編集]

★全面的に支持します。

瓦礫拡散反対運動をしています。
そして 福島原発の周辺など1箇所にモニュメントを作るということも提唱しています。 全く 同じ意見です。

全面的に 支持します。!
モトP(welcome-elohim) |  2012-04-04(水) 20:47 | URL [コメント:編集]

★Re: はじめまして

コニー猫 さんへ

コメントとご賛同ありがとうございます。
人を大切にしあう社会を作るために、今後とも宜しくお願いします。

岡山博
・・・・・・・・・・・・・・・

非常に明快な論理で、大変感銘を受けました。明快な論理は明快な文章を生むのだなと感心しました。宮城県の対応はとても不思議なものでしたから、宮城県に住むものとして大変感謝しています。
コニー猫さんへ 岡山 博 |  2012-04-03(火) 18:33 | URL [コメント:編集]

★合理的で、倫理的な瓦礫処分法Re: タイトルなし


> うなぎぼーん さんへ

コメントとトラックバックありがとうございます

私の考えは、岩手、宮城(青森も)の津波瓦礫、2000万トン全て集めて諸山積み処分し、記念公園に整備です。
おそらくこれがベストの津波瓦礫処分法です。
他の方法は、良心的な方であれば、まだきっと検討されていないだけと思います。
いろいろな方面の権威者や行政や、全国的な産業各界を代表して発言されているこれ以外の処理方法案は恐らく打算や、利権、それぞれの立場が発言させる都合から出た提案かと考えています。
昨年6月、三陸の有力漁協の役員の方は、河北新報に載せた私の提案をお読みになって、「この処分法が一番良い。行政に働きかける」と言っていました。

コメントでご賛同いただいたように、単にごみとして処分するのではなく、遺品として、記念公園にしたいです。意思があればすぐにできます。

一方、福島の瓦礫と、汚染物資は人が被曝しない場所に集めて処分すべきです。
同じくらい2000万トンとひとまずは計算されています。

処分法としては、これも山積み処分して放射能管理すべきです。
放射能瓦礫はこれ以外には合理的処分法はありません。最終処分場を決めずに中間処分場を作るなどというごまかしをする政府は、国民を欺いていますから止めさせるべきです。、政府案だけでなくこれ以外は、全て利権や打算、人を貶める発言をするための不合理で不誠実な処分案です。

福島の津波瓦礫や、各地の除染活動で集めた汚染物資は、放射能があるので公園に整備して一般の人が入れるようになるのは何十年かそれ以上後になります。
岩手宮城の津波瓦礫は仙台平野の海岸にすべて山積み処分して記念公園に、福島の瓦礫は、他の地域から集めた放射能汚染物質と一緒にして、原発付近に全て山積みして長期間管理するのがベストです。
どちらも山積み処分が良いです。

twitter で一部紹介させていただきます。ありがとうございました。

 岡山博
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の瑣末な末端ブログでですが、この記事を紹介したいので
トラックバック送ります。宜しくお願いします。数値もついて、事細かに説明がなされていて素晴らしいと思います。

数値もついて、事細かに説明がなされていて素晴らしいと思います。
> 私も福島に古墳と処理施設作ったらいいんじゃない?とのイメージを
> 持っていたのですが、本当にそうなって欲しいです。
>
> 被災者の方の心情にも言及してる所に特に感銘を受けました。
> 応援します!
>
> ・瓦礫は思い出と悲しみの遺品だ。人々の思い出の宝をごみとして処分するのは残念だ。
> ・ごみとしてだけ考えず、津波で死亡した人たちの遺品として全て集めて丘に築き、慰霊と津波記念の大古墳、記念公園として整備することが良い。
> ・900m × 600m、平均高 20mの丘に築くと2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字だ。 
> ・ちなみに、仁徳天皇稜は堀も含めて840m×486m、最高高さ34m
うなぎぼーんさんへ 岡山 博 |  2012-04-03(火) 18:28 | URL [コメント:編集]

私の瑣末な末端ブログでですが、この記事を紹介したいので
トラックバック送ります。宜しくお願いします。
うなぎぼーん |  2012-04-02(月) 22:44 | URL [コメント:編集]

数値もついて、事細かに説明がなされていて素晴らしいと思います。
私も福島に古墳と処理施設作ったらいいんじゃない?とのイメージを
持っていたのですが、本当にそうなって欲しいです。

被災者の方の心情にも言及してる所に特に感銘を受けました。
応援します!

・瓦礫は思い出と悲しみの遺品だ。人々の思い出の宝をごみとして処分するのは残念だ。
・ごみとしてだけ考えず、津波で死亡した人たちの遺品として全て集めて丘に築き、慰霊と津波記念の大古墳、記念公園として整備することが良い。
・900m × 600m、平均高 20mの丘に築くと2160万トン収容できる(比重2として計算)。現実的な数字だ。 
・ちなみに、仁徳天皇稜は堀も含めて840m×486m、最高高さ34m
うなぎぼーん |  2012-04-02(月) 21:57 | URL [コメント:編集]

★はじめまして

非常に明快な論理で、大変感銘を受けました。明快な論理は明快な文章を生むのだなと感心しました。宮城県の対応はとても不思議なものでしたから、宮城県に住むものとして大変感謝しています。
コニー猫 |  2012-03-30(金) 23:54 | URL [コメント:編集]

★ありがとうございます

まさかこんなに早くレスを戴けるとは思わなかったもので、びっくりしました。
お忙しい中、紹介、引用、転載等のご許可を、本当にありがとうございました。

> 私と、“てん3さん”の共同意見として、
物体なくも有難いお言葉を頂戴し、恐縮の至りです。
私なぞは311震災後の最初の福島原発の爆発後から、ようやく色々を勉強し出した程度の若輩者で、『共同意見』などというおこがましい表現は口がさけても言えません…。
本当は、本当に、このブログの全部の記事を、より多くの人に見て欲しいので、伝導する一種の媒体の役目ができれば本望です。
ありがたく発信させていただきたく存じます。

> コメント一部をTwitter で紹介していいですか?
長文でコメント蘭汚しをした後悔に苛まれていた矢先でした。
何かでお役に立てるのでしたら、いかようにもお使いください。


インターネットは情報、知識の宝庫ですが、真に有用で澄み切った情報を見極める目も本当に必要なのだと思います。
それはネットにに限らず、公共のマスメディアの流す情報に対しても、なのは言うに及ばす。
そんな中、万にひとつの縁、このブログに出逢えた偶然に私は感謝しております。
岡山様の、周囲の状況がままならない中で、それでも発信を続けてくださっている姿勢に心から敬意を表します。
お身体には充分ご留意くださいますように。
てん3 |  2012-03-30(金) 03:42 | URL [コメント:編集]

★Re: 良い記事をありがとうございます。

てん3 さん

コメントありがとうございます。
私と、“てん3さん”の共同意見として、どうぞ、転載や、部分引用、紹介、発言してください。
うれしいです。
コメント一部をTwitter で紹介していいですか?
またコメントください。お待ちしています。

  岡山博


・・・・・・・・・・・・・>

と金魚さんと全く同意見です。
> がれき広域処理問題関連の検索で辿りつきました。
> わかりやすく、とっつき易く、簡潔で、要点を見事に抑えられている文章、
> なのに真摯で胸に染みました。良い記事を読ませて戴き、ありがとうございました。
>
> こちら新潟では、新潟市を始め3市ががれき受入を議決、2市が新潟市と共に受け入れる方針、1市が受入に好意的、と計6市もが、という信じられない事態になっております。
> 県知事がひとりでふんばってくれているようですが、「瓦礫受入」か「原発再稼動」かの二者択一の圧力を掛けられている向きもあり、希望的観測が持てる状況には一向になりません。
> 各市の市長にはもはや失望しかなく、真に聡明な知事である事を祈るのみの現在です。
>
> 環境省の、自治体向けの「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理の推進に係るガイドライン」も読んで見ました。
> これ自体がかなりいい加減なものであるという要所要所へのツッコミは置いといて、読んでみて『田舎のオッサン、オバサンの市議なんかはだまされちゃうのかもなあ』と思った次第です。
> 例えばここ新潟では、呑気すぎる人が多いのか、瓦礫受入に関しても、「賛成派」か「無関心派」が圧倒的多数に思われます。
> ひとつの原因としては、放射性物質に対しての無知さ、「放射能と放射性物質は違う」という真に根本的な処から、
> 「何tか(具体的な数量値はガイドラインには示されていません)の内の10ケ程度のサンプルの平均値を取っても意味はなく、あくまでもそのがれき全ての放射能値の総量(平均ではなく足し算)で判断すべき」、
> といったような基本的な処までも、知識としてはないのです。
> その上でTVや地元新聞、公的マスメディアにご存知のような宣伝ばかり打たれては、人のいい年寄りや子供達はすっかり騙されてしまいます。
> 無関心派が多きになびくのも仕方のない事でしょう。
> 独りで受入をせきとめている知事を、心無い悪者のように扱う世論がまかり通っている現実、
> ただ独り、市議会で反対を表明してくれた市議が圧力を受けている(らしい←確実な情報ではありませんが、動きを追うとそう推測できます)現実、
> 産廃利権の収得に躍起になって住民をないがしろにする醜さに気付いている人の方が少ないのかもしれません。
> それらの事がたまらなく切なく、腹立たしいです。
>
> 受入反対派の人の全てが、被災者の人の力になりたいと思っている筈です。
> けれど、自分と、自分に近しい守りたい者達を危険に晒してまで手を差し伸べるべきではない、共倒れては不幸が拡がるだけ、というのがいかなる時でも根底にあると思います。
>
> 長くなってしまい、申し訳ありません。
> 私も自分なりに、まだ諦めず行動して行きたいと思っています。
> 失礼ですが、もしご了承戴けるのであれば、このページのアドレスをツイッター等で拡散したいと存じます。
> 手間になる個別返信などは結構ですので、記事の更新の際にでもコメントのレスとして是非を示して戴けたら有り難いです。
てん3 さんへ、岡山 博 |  2012-03-29(木) 19:05 | URL [コメント:編集]

★Re: と金魚さん へ Re: はじめまして

> と金魚さんへ
>
> 転載、リンクありがとうございます。
> 本文の「全国の方へ」など少し追加修正しました。
> またコメントお待ちします。
>      岡山博
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> >
> 非常に分かりやすくまとめておられ、勉強になります。
> > 転載・リンクさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。
> >
> > こちら福岡でも、広域処理を無理無理に推進しようとする首長や議員が目立ちます。
> > 処理能力に余力がない、または処理方法が基準に沿っていないのに受入を強行しようとする・・・。
> >
> > 先生のように"相手に敬意を持った穏やかで論理的な言葉"を常に通すことはどうしても苦手ですが、自分なりに情報発信していきたいと思います。
と金魚さんへ。岡山 博 |  2012-03-29(木) 18:19 | URL [コメント:編集]

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012-03-29(木) 16:11 |  [コメント:編集]

★良い記事をありがとうございます。

と金魚さんと全く同意見です。
がれき広域処理問題関連の検索で辿りつきました。
わかりやすく、とっつき易く、簡潔で、要点を見事に抑えられている文章、
なのに真摯で胸に染みました。良い記事を読ませて戴き、ありがとうございました。

こちら新潟では、新潟市を始め3市ががれき受入を議決、2市が新潟市と共に受け入れる方針、1市が受入に好意的、と計6市もが、という信じられない事態になっております。
県知事がひとりでふんばってくれているようですが、「瓦礫受入」か「原発再稼動」かの二者択一の圧力を掛けられている向きもあり、希望的観測が持てる状況には一向になりません。
各市の市長にはもはや失望しかなく、真に聡明な知事である事を祈るのみの現在です。

環境省の、自治体向けの「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理の推進に係るガイドライン」も読んで見ました。
これ自体がかなりいい加減なものであるという要所要所へのツッコミは置いといて、読んでみて『田舎のオッサン、オバサンの市議なんかはだまされちゃうのかもなあ』と思った次第です。
例えばここ新潟では、呑気すぎる人が多いのか、瓦礫受入に関しても、「賛成派」か「無関心派」が圧倒的多数に思われます。
ひとつの原因としては、放射性物質に対しての無知さ、「放射能と放射性物質は違う」という真に根本的な処から、
「何tか(具体的な数量値はガイドラインには示されていません)の内の10ケ程度のサンプルの平均値を取っても意味はなく、あくまでもそのがれき全ての放射能値の総量(平均ではなく足し算)で判断すべき」、
といったような基本的な処までも、知識としてはないのです。
その上でTVや地元新聞、公的マスメディアにご存知のような宣伝ばかり打たれては、人のいい年寄りや子供達はすっかり騙されてしまいます。
無関心派が多きになびくのも仕方のない事でしょう。
独りで受入をせきとめている知事を、心無い悪者のように扱う世論がまかり通っている現実、
ただ独り、市議会で反対を表明してくれた市議が圧力を受けている(らしい←確実な情報ではありませんが、動きを追うとそう推測できます)現実、
産廃利権の収得に躍起になって住民をないがしろにする醜さに気付いている人の方が少ないのかもしれません。
それらの事がたまらなく切なく、腹立たしいです。

受入反対派の人の全てが、被災者の人の力になりたいと思っている筈です。
けれど、自分と、自分に近しい守りたい者達を危険に晒してまで手を差し伸べるべきではない、共倒れては不幸が拡がるだけ、というのがいかなる時でも根底にあると思います。

長くなってしまい、申し訳ありません。
私も自分なりに、まだ諦めず行動して行きたいと思っています。
失礼ですが、もしご了承戴けるのであれば、このページのアドレスをツイッター等で拡散したいと存じます。
手間になる個別返信などは結構ですので、記事の更新の際にでもコメントのレスとして是非を示して戴けたら有り難いです。
てん3 |  2012-03-29(木) 05:27 | URL [コメント:編集]

★はじめまして

非常に分かりやすくまとめておられ、勉強になります。
転載・リンクさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

こちら福岡でも、広域処理を無理無理に推進しようとする首長や議員が目立ちます。
処理能力に余力がない、または処理方法が基準に沿っていないのに受入を強行しようとする・・・。

先生のように"相手に敬意を持った穏やかで論理的な言葉"を常に通すことはどうしても苦手ですが、自分なりに情報発信していきたいと思います。
と金魚 |  2012-03-27(火) 22:15 | URL [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://hirookay.blog.fc2.com/tb.php/29-9b487c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

★瓦礫の行方。未来の「多産、肥沃、豊穣」を祈る。

こんばんわ。うそこメーカーの書き初めが「文明開化」だったうなぎぼーんです。 「被災地のがれき処理は古墳を作ったほうがいいんじゃない?」 と書いた記事福島県福島市+藻とか
2012/04/03(火) 00:13:02 | 中国・大連市の片隅で「未来」を考える!

★ううう

こんばんわ。うそこメーカーの書き初めが「文明開化」だったうなぎぼーんです。 「被災地のがれき処理は古墳を作ったほうがいいんじゃない?」 と書いた記事福島県福島市+藻とか
2012/04/03(火) 00:09:24 | 中国・大連市の片隅で「未来」を考える!

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。