06-<< 2012-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.26 (Thu)

被曝による奇形やダウン症について

被曝による奇形やダウン症について

チェルノブイリ被曝のあと、中程度に被曝したヨーロッパ諸国でダウン症や奇形、低体重出産が増えたという報告が沢山あります。
ICRPや日本政府とアドバイザーの人たちは認めません。

このような報告の多くは、国の機関がおこなった大規模調査ではないために、例えば、西ベルリンの報告;事故前は月3-4人だったダウン症が、汚染が強かった数ヶ月の間に受胎した出産ではダウン症が、10人を超えるくらいに増えたというような報告が多いです。

3人程度であったダウン症が3ヶ月間(3回)だけ12人程度に増えたという報告は、調査集団の数が少ないために、ばらつきによって増えただけの可能性もあるので、「被曝が原因で増えた」と断言できず「可能性がある」という結論しかだせません。

ばらつきの問題以外にも、同じような調査を始めた研究者が何組もいた場合、それぞれの調査結果が、ばらつきが原因となってそれぞれ①増えた、②減った、③変わらなさそうだという中間結果が出たとします。

被曝を受けた地域でダウン症が増えた場合は、「予測した通り」と考えて調査活動を拡続け、論文報告をしますが、減ったり、はっきりしない場合は、「減るわけがないからおそらくばらつきの為だろう。これ以上調査してもはっきりした結論はでなさそうだ」と考えて、調査を途中でやめたり、論文にまとめないことがあります。

新しい薬が発売されたときなども、期待通りの結果が出たときは発表するが、そうでない場合は途中でやめることがあり、このような調査や発表では、「薬が有効だった」という報告だけが発表される傾向にあります。

被曝による傷害調査でも同様の問題が存在します。
被曝した地域としない地域で行なった調査で、被曝した地域で増えていなかった結果がでた場合は増えた結果のときより、報告や論文発表数が減っている可能性も考慮しないと正しく結論は出せません。

だから行政などが系統的な大規模調査をすべきなのです。
行政が学校に指示・依頼して調査すれば、鼻出血などは簡単に調査できるのにしません。

多くの報告・論文はチェルノブイリから離れたヨーロッパの汚染地域では「以前と比べて3倍程度にダウン症が増えた」ことを示しています。
私は、被曝によってダウンや奇形は増えていると推測しています。

ダウンや重症奇形は被爆が無くても存在します。
ダウン症は元来ごくわずかしかありませんから、被曝した結果、3倍に増えたとしても、生まれる子どもの殆ど大部分は正常です。

ダウン症という重度の障害が3倍に増えたことが重大な問題です。
だから「正常出産した人がいたからほっとした」というのは論理的には正しくありません。
出産のほとんど9割以上が正常だったから安心するという感覚的理解は、論理的に吟味しないと危ないです。
感覚的、気持ち納得を優先する理解は誤った判断に導くことがあります。

汚染された野菜や魚を、大臣が人を欺くために食べて見せても安全を意味しないことと似ています。

ドイツ、イギリス、アメリカの核施設周辺で、それぞれ白血病が増えたという報告があります。
この増加は対照地域と比べて何倍も多いということではなく、数10%多いという程度です。

この事実はどのような立場の人も認めています。

一方、その原因が放射線被曝によるものかどうかは評価が分かれています。
被爆ではなく経済的な差や。ストレスによるかも知れないなどという意見です。

鉛や有機水銀、農薬中毒などの毒物の場合は、摂取した有害物の量が増えると症状が重くなります。
一方、放射線による多くの傷害は、被曝が増えても個人のレベルで症状が重くなるのではなく、症状の重さは変わらずに有害な症状や病気を持つ人の数が増えるという点が、放射線以外の有毒物による生体作用と違います。

鉛中毒、有機水銀中毒、農薬中毒などでは、それぞれ特有の症状や臓器障害が出ますからそれを調べればわかるのですが、放射線による奇形などは、その奇形を詳しく調べても多くは、放射線被曝によるものかどうか区別は多くの場合困難です。

多くの放射線障害では、個々の例の解析では被曝の影響かどうかはわからず、沢山の数を調べて数が増えたかどうか、増えた場合は、ばらつきや他の原因で増えた可能性はないかなどを大規模調査をして初めてわかります。

口唇裂や内反足など比較的軽いものも含めると先天奇形は被曝を受けない地域で約1%ですが、ヨーロッパのある地域のように、被曝地域では2%に増えたとします。

ここまでは、議論の対象ではなく、知識を得る調査と学習の対象です。
そのあとはいろいろな考えがありえます。

詳しくは省きますが、以下の考えはどれも正当な考えとしてありえます。
ありうるというだけで誰もがそう考えるべきだということではありません。

出産するときは、重大な奇形やその他のリスクを覚悟して出産すべきで、これが正当な考え方です。
母子共に異常が無くて当たり前というのは、はじめから間違っています。

奇形のリスクを考えたとき、出産するかどうかについて代表的な考え方は以下の3つです。
誰にとっても正しい考えということではありません。
その人の考え方や境遇によってどれも正当な考えとして選択しうるものです。

① 奇形の可能性が 1% あるので、いやだから、被曝有無に関わらず出産しない。
② 1%は覚悟するが2%受け入れはいやだから、1%リスクを上げる量以上の被曝をした場合は出産しない。
③ 被曝が無ければ99% は奇形がないから、99%の可能性に期待して、1%のリスクは受け入れて出産する。被曝した場合でも、98%は奇形が無いから、それに期待して2%のリスクは覚悟して出産する。
やや別の観点から、事故による人為的原因の為に高くなったリスクがある状態では出産しないと言う考えも成り立ちます。

いずれをとるにしても、被曝をした母親の大多数の子どもが奇形をもつのではなく、奇形は全体の中ではごく一部です。
その一部をどう考てえ、決断するかという問題です。

半分くらいが奇形を持つのではないかというような誤った認識を基にして考えれば、それは誤りです。

 重症の奇形やその他の問題が生じたときに、経済、日常生活、教育など社会がどのように援助するか、加害者を処罰するか、どこまでどのように保障・賠償させるかなどという問題も議論・判断の対象ですが省略します。

「事故後25年以上もたった子供が最近健全な子供を作りました。これが、今の私たちの希望です。」というのであれば、少数の奇形やその他の問題を生じる例があるにしても、ほとんど大多数派は重症奇形なしに生まれます。

何人か少ない出産でも正常出産があれば、それを希望と評価するなら、被曝しても沢山の正常児が生まれますから、子どもを生んだり、その将来を考えるのは大きな希望です。

そのような考えもも良い考え方の一つと思います。

(以上は、以下のLEMONさんのコメントに対して私の考えを書いたものです。
普遍的問題を含むので、記事として掲載しました)

・・・・・以下は、LEMONさんからのコメント・・・・・・
もうひとつ。チェルノブイリ事故で保養に関わり、汚染された食品にかかわり事故後25年以上もたった子供が最近健全な子供を作りました
> これが、今の私たちの希望です。
スポンサーサイト
19:09  |  放射線  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.12 (Thu)

丁寧で敬意ある、回答を期待する言葉を

         ―――健全で誠実な議論、対話をするために――― 
   丁寧・誠実で敬意ある、回答を期待する言葉でのコメントをお待ちします

       (LEMONさんから頂いたコメントへの返信です。普遍性を持つ内容なので記事として載せます)

 私は、議論をする際に、異なる意見があったほうがより豊かになると考えています。
 だから、より豊かな思考・吟味・議論をするために、異論を提示されることを歓迎します。

 LEMON さんから頂いたコメントは、「健全な議論をして、共同してより深い結論を得よう」というご主張でしょうか。
 それとも、内容を共同で吟味しようというのではなく、私がこの内容で発言したり主張したりする「私の行為」や、「私という人格が存在していること」が気に入らず、なじって、非難して、私が「発言主張すると言う行為」(や私と言う人間が生存していること)をやめろと要求・主張されているのでしょうか。

 健全な議論をするためには、論理的で穏やかな言葉を使い、相手に敬意を持ったことば・態度で主張し、自分が今言った意見に対する相手の意見をまじめに期待して聞くことが健全な議論をするために必要なルールです。

 LEMON さんが提示された話題は、まじめに議論する価値があるテーマです。
 そして私もそれに関して考えています。

 LEMON さんの本意が、そのような健全な議論をしようというのであれば、私は歓迎して、LEMON さんと私の間で、的を外さない、論理的で真剣、丁寧な言葉の往復=議論をしたいです。

 そのためには、健全な言葉のやり取りが必要です。
 相手(私)の人格を、なじったり侮蔑、禁止する言葉ではなく、私の意見に対して、論理的に穏やかな言葉と敬意を持った態度で異論・批判をご主張ください。

 黙らせようという主張は議論ではなく、議論を抑圧・阻害するものです。

 発言を抑圧する言動を容認・黙認しては、自由に意見を言える社会を作り維持することはできません。

 慣れ親しんでしまって気づいてていない人も多いですが、今の日本は自由に発言できない恐怖社会です。

 他人と異なる意見を言わないようにしつけ、教育された結果、私たちひとり一人が、他人と異なる異論を発言することに怯えたり、他人が異論を発言することを抑圧する言動パターンが身についています。

 本当は、他人と違うことを言って初めて「自分の」意見ですから、その意味では、他人が意見を述べることを抑圧する判断、言動傾向です。

 このような言動傾向が、私たちひとり一人の判断や言動に強く身についてしまっています。
 
 自由(な社会)を維持するためには「自由を抑圧・破壊する言動」の自由だけは存在しません。
 自由を抑圧することに対して、そこに存在した人が例外なく批判し、続けさせない自覚・決意・言動をすることによってだけ、自由が維持できます。

 そのような意味で、今の日本社会は、社会も人も、発言の抑圧を看過して、個人の行動や発言の自由を軽視、抑圧が当たり前に存在してしまっている不健全・恐怖社会です。
 自由な議論をさせない、拒否抑圧するといのは、きわめて危険な社会になることを意味します。

 自由に意見を言うことを抑圧、非難することは自由な議論、精神の自由と相容れません。

 精神と言動の自由はひとり一人の幸せと名誉と、社会が健全であるために基本的で不可欠なものです。

 今の日本は、健全な議論をさせない、自由にまじめな意見を言わせない、互いに抑圧しあう不健全な社会だと考えています。

 相手の発言を抑圧し、異論は黙らせ、排除するという行動原理が、福島原発事故の最も重要な原因と私は考えています。
 原発事故がおきてから、まずい対応を繰り返して、避けられることも避けずに、事故と損害を繰り返し拡大させている、政府や、官僚、東京電力の不適切な対応の底流にもこれがあります。

 福島原発事故に限らず、日本の多くの社会的問題も、個人的な人間関係を含む苦痛も、それを作り、解決を妨げている底流として、殆どの問題の底流になっています。

 この問題は日本社会とひとりひとりが克服すべき課題で、これを克服すると、ずっと良い社会になり、個人もひとりひとりが誇りを持って生き、人としての名誉を不当に蹂躙されない、ずっと苦痛が少ない、豊かな人間関係ができると思います。

 別の表現をするなら、これを解決せずに多くの問題は解決しません。

 例えば、大飯原発で新たに津波対策をしたといっても、「異論排除、異論を発言する人を敵視する」行動規範と精神をもつ人たちが、これまでどおり、原発の政策や運営を独占していれば、原発事故原因のもっとも重要な問題は解決・改善されていないと私は考えます。

 LEMONさんと共同してあらたな考えを手に入れるために、互いに敬意を持った態度で、まじめに考えを深め合って議論が出来たらうれしいです。
  
 LEMONさんが提起されたテーマは、議論して深める価値がある課題です。

 LEMONさんの考えがあり、私も考えがあり、健全で誠実な言葉をやり取りすると、より良い共通の結論を作れるかも知れません。

 LEMONさんの主旨がもしそのようなものであれば、なじったり発言するなと迫るのではなく、丁寧で敬意ある言葉・自分の発言に対する相手の意見をまじめに丁寧に期待して聞くという文章にして、もう一度、どうぞコメントください。

(追伸)この文章は、やり込めようという主旨や敵意を持っていません。
 裏読みをせず、言葉どおりお読みください。

LEMON 様

・・・・・・・以下はLEMONさんのコメント・・・・・
ご自分では、放射能をさけるためにどのような努力されてますか
私たちは仙台住んでます。
ひどく汚染されても先生方のように、家族を遠くに逃がす金銭的余裕はありません。
先生は、チェルノブイリの汚染された人々を実際7みたのですか?
20年間見てこられ、現地のお医者様や親、子供たちの保養活動してこられた野呂みかさんが一番心に響きます。
保養や汚染された食べ物をさけてきた結果、健康な子供を生んでそだててます。先生はお医者さんなのに、希望はあたえないんですか?人は病気であれどんな状況であれ希望があれば生きていけます。
希望がなくて癌と告知された人がわざわざ治療受けるでしょうか?
>お願いです。ひとから希望を奪わないでください
20:17  |  優れた言葉・健全な議論  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.03 (Tue)

特権的な利権・地位を維持するために、社会の健全性と人の幸せを破壊する人たちが運営する社会を変えよう

                 (2012年7月3日 twitter; giovannni78 からの転載です)

自分たちの特権的な利権・地位を維持するために、社会の健全性と人の幸せを破壊する人たち(電力・財界・官僚・・・)が運営する社会を変えよう。①

②原発はリスクを入れたら超不採算であることを、電力会社と官僚は全部知っている。
原発再起動に賛成する議員は、それを知っているか、議員業を続けるために理解さえせず、電力や官僚の小間使いをしているかのどちらかだ。

③原発が不採算であることに加えて、福島大惨事が、何百万人の今と未来に大損害を与えることも知っている。
国と多数の人に大損害を与えることを知っていて、自分たちの目先打算と保身の為に、原発を再稼動する人格・精神の人たちが、日本社会を運営している。
これが日本の現実。変えるべきだ。

④「何が得か・損をしないか、上司や実力者から非難や嫌がらせを受けないか」という、打算と保身だけで行動し、道義・健全・他人を傷害しないことは思考停止する人たちが、国や、多くの団体・企業など社会を運営する地位を独占している。
そのような人しか高い地位を維持できない不健全社会が今の日本だ。

⑤偽りや道義に反することを、社会や周囲の人が、例外なく批判することをせず、道義・健全が言動を縛る力にならず、他人と社会を傷害しても平気で、打算と保身だけで行動する人達が運営する社会は、社会と人の健全性と人の幸せを破壊する、反社会的・非民主的社会だ。

⑥なぜこうなったか?利権・打算・保身で動く社会で高い役職を持つ人たちが悪いのはもちろんだ。
同時に、国民の多くが自分の生活・言動で、道義・健全性が言動を決める基準から抜け落ち「どれが得か・損をしないか、上司や実力者から非難や嫌がらせを受けないか」で言動を決めているのも同じ問題を持つ。

⑦道義・健全性ということが、多くの人々の言動を決める基準から抜け落ちて、「どれが得か・損をしないか、上司や実力者から非難や嫌がらせを受けないかで言動を決める精神構造;これは、官僚や社会の実力者たちが都合よい社会運営をするために、一貫してやってきた、国民愚民化政策の成果でもある。

⑧打算と保身だけで行動し、道義性・健全性=何はしてはいけない事が、多くの日本人の言動を決める規範から失われて久しい。
「どれが得かどれがいやな目にあわないか」が今の多くの日本人の判断や行動の基準になっているが、どこの社会、何時の時代もそうだということはなく、今の日本に顕著なことだ。

⑨自分が判断すべきときにも、「現実は・・」と言って道義性・健全性・きちんと考える事を避けて、思考停止する。この現実を変えずに、利権と保身で人と社会を欺いて、利益を得ようという、電力業界や財界、官僚による社会運営を変えることは出来ない。

⑩官僚や財界などの利権・打算・保身だけで動き、社会や社会を損なう、社会的強者による愚民化政策で教育し育てられた貧しい精神と、判断・行動傾向が、私たち日本人ひとり一人の中に強く根付いてしまった。
彼らと共通の貧しい精神を、してはいけないものと自覚・努力して自らを克服すべきだ。

⑪自分が利権を得られる立場にいないからやらないだけで、もし出来る立場なら、不道徳であっても甘い汁を吸いたいという精神が自分にあっては、官僚や財界・電力の悪行をきちんと批判することは出来ない。

⑫彼らと同じ物があるから批判を控えるというのではなく、共通の貧しい精神があったままで批判する(それなりに正当で必要ではある)事を吟味しましょう。
自分の問題・課題や発見は社会全体に共通の価値になります。
気づきは発見。勇気があれば発見は言動に進みます。
勇気も必要

⑬福島大惨事で、原発の不採算性・反社会性がはっきりしているのに、原発再稼動をするという不健全社会、被災者の人生と家族を破壊して、補償や生活再建取り組みも行なわずに放置したままで、原発を再稼動するという不健全社会を止めさせて、人と社会が自分と他人を大切にしあう健全な社会を作ろう。

⑭「何をしてはいけないか、何を黙認・同調してはいけないか」とは子供の教育にとっても基本的で大切な課題です。道義性に無関心になり、悪行に対して系統的に批判をしない人間にする。これが彼らの狙い。
そうなるように愚民化政策・愚民化教育をしてきた。流されずに子供を立派な人に育てましょう!

⑮力強くまともな批判、発言をするためにも、「何をすべきか、何をしてはいけないか、何を黙認・同調してはいけないか」という道義的課題を自分の言動を決める基準の一つにする精神を大切なものとして私たちの中に育てる取り組みもしましょう、しませんか、したいです。
21:52  |  放射線  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。